FC2ブログ
俳句的つれづれ日記
年賀状
2018年11月12日 (月) | 編集 |
年賀状、とりあえず母の分と自分の分、印刷は終えた。
ま、書くのは12月に入ってからになるだろうけど、準備は早めにしておいたほうが安心やし。



今、仕事が怒涛の忙しさ。
でも! でも来月こそは時間ができるはず!

というわけで、思いきって来月は大阪の句会に参加することにした。
とりあえず申し込んだだけで、交通手段も宿泊の手配もこれから。
まだ、どうやって行くかどうかも思案中。
でも楽しみぢゃ~~ わくわくする。
冬うらら
2018年11月11日 (日) | 編集 |
今日も天気が良かったので、昼前に施設に行って母を散歩に連れ出した。
その時、「こんなにええ天気やのに、誰も外に連れていってくれん」と愚痴っている入居者の方がいる――と、母が話していた。
でも、施設はたぶんギリギリの人数でやってるんだろうしねえ。
スタッフの方に、そこまで期待するのは難しいだろう。

となると、そういう面では家族がフォローするしかないわけで。
私は幸い、すぐ近くに住んでいるから可能だけど……。
あまり家族が来ない入居者の方だと、散歩も滅多に連れてってもらえないんだろうなあ。
本格的な介護は無理でも、話し相手になるとか、車椅子押して散歩に行くとか……そういう事をしてくれるボランティアさんて居ないものなのだろうか。
(万が一事故でもあったときの責任問題とか考えると、散歩に連れ出すのは、ちょっと面倒そうだけど)
ぽんかんや愚痴るるるるととぎれなし
2018年11月10日 (土) | 編集 |
自分がずっと投稿を続けているのに、陰で「○○先生の選は違う、おかしい」 なんて言ってる人って、何なんだろうねえ。
もちろん、時には「あの選は自分にはよく分からない」場合だってあるだろう。
それは自分の選句眼が未熟なせいかもしれないし、あるいはもしかしたら、その先生と自分の俳句観が決定的に違うからかもしれない。
どうしても納得できないなら、直接その先生に言えばいいのに。
自分の句が評価されないから拗ねてる……と思われるだけじゃないかなあ。

――フェイスブック上でそんな人がいる、と友人から話を聞いたのでした。
な~んか頭にきてしまったので、つい書いてしまった。



今日は Next Gen ATPファイナルズの決勝。
おおかたの予想通り、チチパス VS デミノーとなった。
私はデミノー君推しぢゃ。 がんばれ!
少年にサドル冷たし加速せよ
2018年11月09日 (金) | 編集 |
……ぜんぜん、寒くない一日でしたけどね。
タイトルは俳句2年目に詠んだ句だけれど、ちょっと気に入っていたりする。

さて、明日もし予約できたら、インフルエンザの予防注射してもらおうかなあ。
すでに流行り始めているらしい。



2018 Newcomer of the Year.... Alex de Minau

新人賞おめでとう、デミノー君。
来年はさらに飛躍できますように。
がっかり
2018年11月08日 (木) | 編集 |
今度の日曜は友人たちと「風の博物館」へ行く予定だった。
行けるように頑張っていた。
が、不測の事態発生で、残念ながら行ける状況ではなくなってしまった。
がっくり……

しかたないので、デミノー君の動画でも見よう。
この素早さ! ほんとLHを思い出させる。



気を取り直して、がんばろ。
きっと、来月にはもう少し時間的余裕ができるはず! ……たぶん。