俳句的つれづれ日記



今年ラストの花見
2017年04月15日 (土) | 編集 |
昨日、友人たちとの今年ラスト?のお花見。

DSCN9179.jpg
花吹雪がそれはそれは見事だった。 横なぐりの花吹雪。
天気も良くて、まことに麗らか……というより日差しは既に初夏。

DSCN9182.jpg
友人差し入れの和菓子。 
手前ふたつは「しだれ桜」、奥側のは「桜香」という名前がつけられていた。 優雅ぢゃー

DSCN9177.jpg
花と陽気に誘われて、猫もやってきたv

DSCN9183.jpg
苦手な人はごめんなさい。
友人の指にいるのは、いとけない尺取虫(なのか?)。 
これから虫たちも活動し始める季節ですねえ。

花吹雪は最高に素敵だったが、句はまったくできんかった。
今夜の句会の句、どうしましょう。
朝もやと桜
2017年04月13日 (木) | 編集 |
さきほど帰宅。 今朝、故郷は朝もやにつつまれていた。

 DSC05912.jpg

 DSC05914.jpg
咲きはじめた桜の向こうの朝もや。 ちょっといい感じ。

 DSC05916.jpg
実家の裏庭の桜もようやく咲き始めたばかり。
杉垣の向こうの桜は川辺に植えられていて、そこはたぶん町だか県だかの土地のはず。
満開になったらばっちり実家の庭から楽しめるv

 DSC05918.jpg
しかし母校(中学校)の桜は満開だった。
母校とはいえ、建て替えられて今風の建物になった校舎には馴染みがない。
あの古い校舎、とりわけ図書館がなつかしい。

あーそういえば、実家へ戻ってくる時、道中けっこう霧が深かった。
バスが近づくと、霧の中から道端の桜がゆっくりと姿を現す。 あれは素敵だった。
今日は今日でよく晴れていて、バスの車窓に満開の桜を眺めながらの1時間足らず、ちょっと小旅行気分で楽しかった。
ま、要するにこの季節はどんな天気だろうと素敵ってことで。
常信寺の桜
2017年04月05日 (水) | 編集 |
 DSC05867.jpg

道後の常信寺の桜。 ソメイヨシノはまだまだ、って感じ。
五分咲きというところだろうか。

 DSC05868.jpg
枝垂れ桜なんて、やっと二、三輪花を開いているだけ。
この花の盛りは来週なかばくらいかも。

 DSC05870.jpg
これは満開だった。 ソメイヨシノより少し花が大ぶりで、でも清楚な印象。

 DSC05872.jpg
これは葉と一緒に花が咲く品種……何だろう。

この他にも山桜やヒガンザクラ、オオシマザクラ系の花など、種類豊富なのがこのお寺の桜。
ソメイヨシノ一辺倒じゃないところが素敵だ。
道後公園みたいに人が多くないしね。
今週末は天気悪そうだけど、この感じなら来週あたまくらいでも充分お花見楽しめそう!
あ、でも静かなお寺だから、行くならホントに「花を楽しむ」ためだけってことで。
うば桜
2017年03月25日 (土) | 編集 |
DSCN9161.jpg

友人たちと、うば桜のお寺で待ち合わせた。
まだ、満開ではない。
蕾の多い枝もあったから、もう数日は花を楽しめるだろう。
来週末だと、少し遅いかもしれない。

    本名をしらずじまひに花どきを   S

先日亡くなられた句友の本名、そういえば存じあげなかったなあと思いながら、花を見た。
梅津寺の梅
2017年02月15日 (水) | 編集 |
友人と梅津寺公園の梅を見に行った。
ものすごく本数がある、ってわけではないが、いろいろな種類の梅がちょうど今盛り。
蕾ばかりの梅もあったので、しばらくは観梅が楽しめそう。
桜の季節には人が多すぎだけど、梅の時期は少なくて、のんびり散策できる。

 DSC05803.jpg
やっぱり梅には青空が映えますなー

 DSC05805.jpg

 DSC05806.jpg

梅もいいけれど海もきれい。
 DSC05816.jpg