俳句的つれづれ日記



潮騒
2017年04月29日 (土) | 編集 |
今日明日は、俳句がらみで松山市沖の中島へ行く。
もうそろそろ出かけなくては。
三津の港からフェリーで1時間余り。 その間に読む本を用意した。

『潮騒』(三島由紀夫・著)
ン10年前に1度読んだきりの一冊だ。
船で読む本としては、悪くないんじゃないかと思ったりするのだが。
明るくて毒がなくて、三島らしからぬ印象の小説だったと記憶している。
読み返すのが、ちょっと楽しみv

これ、今映画化するとしたら、主人公の二人を演じられる俳優・女優さんているのだろうか。
純で汚れてなくて、そして強い人。
現代にはもういないのかもしれない、神話か民話の中のような二人。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する