俳句的つれづれ日記



朝もやと桜
2017年04月13日 (木) | 編集 |
さきほど帰宅。 今朝、故郷は朝もやにつつまれていた。

 DSC05912.jpg

 DSC05914.jpg
咲きはじめた桜の向こうの朝もや。 ちょっといい感じ。

 DSC05916.jpg
実家の裏庭の桜もようやく咲き始めたばかり。
杉垣の向こうの桜は川辺に植えられていて、そこはたぶん町だか県だかの土地のはず。
満開になったらばっちり実家の庭から楽しめるv

 DSC05918.jpg
しかし母校(中学校)の桜は満開だった。
母校とはいえ、建て替えられて今風の建物になった校舎には馴染みがない。
あの古い校舎、とりわけ図書館がなつかしい。

あーそういえば、実家へ戻ってくる時、道中けっこう霧が深かった。
バスが近づくと、霧の中から道端の桜がゆっくりと姿を現す。 あれは素敵だった。
今日は今日でよく晴れていて、バスの車窓に満開の桜を眺めながらの1時間足らず、ちょっと小旅行気分で楽しかった。
ま、要するにこの季節はどんな天気だろうと素敵ってことで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する