俳句的つれづれ日記
2017年02月10日 (金) | 編集 |
猫の動画は好きでよく見る。
でも、最初っからハプニング狙いの動画はイヤだ。
たとえば。
浴槽のふちにいる猫が、滑って落ちるところを撮ってるものとか。
ぎりぎり猫の前足の届くところに置いてある陶器を落として割るところとか。

アクシデントの瞬間も動じないで撮り続けてるところからして、そういう場面を期待して待ってたんだろうなってのが分かる。
……猫が怪我するかもしれないでしょうに!
怪我しないまでも、痛い思いするでしょうに!
そういう動画、嫌い。


これはクロネコヤマトの「ねこふんじゃった」バラード動画。
ああ、やっぱり黒猫は美しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する