俳句的つれづれ日記



雑草と呼ばれてきれい十七夜
2016年09月21日 (水) | 編集 |
帰省して母の様子を見つつ、のんびり。 しっかり句作も……なんて思っていたのだが。

昨日は台風だったから家にこもっていたけれど、連日何をやってたかというと「草むしり」であった。
何しろ2ヶ月近く放置していたから、庭も畑も雑草がすごかった。
昼間はけっこう暑くて、汗みどろになりながら草むしり、草むしり。
夜は疲れて早々に寝てしまうという、まあ健康的といえばいえる日々であった。
滅多にしない肉体労働のためか、腰は痛いし、疲れはまだ取れない。
でも、晴耕雨読の生活も悪くはない、とも思ったり。

うーん、0.75坪サイズのユニットバス空間(浴槽ではなくて浴室全体)の半分近くの分量はあったかな、抜いた雑草の量。 (分かりづらい例え??)
でも 「これ雑草?」と思うような奇麗なのもあったりして、俳人的には抜かないでもいいじゃないのと思うのだった。
猫じゃらしやススキもね。
(しかし田舎では、そういう草を放置していると 「怠け者」「だらしない」と思われるのでありました)

DSC05604.jpg

稲刈りが終わった田と、まだの田と。
川、そして山腹にわだかまる霧。
私にとっては、これが原風景だ。
コメント
この記事へのコメント
まとむさん こんばんは!&ありがとうございます。

10月上旬にMRI検査をして、その結果が良好ならば心配ないのですが……きっと大丈夫だろうと勝手に思っています。

確かに母と娘って、年齢を重ねるとなおさら微妙な関係になるような気がしますよね。
いつの間にか、こちらが頼られる側になってるなあ、と思ったとき、何だか淋しい気持ちになったものです。

草むしりしてたら、草の陰にいた虫たちが右往左往して慌てていて、ちょっと申し訳ない気持ちになりました(>_<)
2016/09/21(水) 20:56:19 | URL | hisohiso #-[ 編集]
お母さまの退院おめでとうございます。
後は日なち薬なのでしょうか?
うちは今、母と同居してますが、頼ってくれるから私も頑張れる・・みたいなところがあります。
強いだけの母やったら私が辛いかも・・・。
母と娘いうて何か微妙な関係。
お母さまのこと大事にしてあげてくださいね。

2016/09/21(水) 20:11:26 | URL | まとむ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する