俳句的つれづれ日記
皆俳句
2016年08月24日 (水) | 編集 |
「俳句に詠んではいけないもの」は無い、と思っている。
もちろん詠むのが難しいことというのはあるし、詠めることと句の出来不出来は別。
特定の個人への誹謗だの差別だのを主張したいだけなのが明らかな句、というのも作品とは認めたくない。

が、そうでないのなら、これは詠むべきじゃないだの何だのと自ら制限をつくってしまっては、世界が小さくなるだけ。
まして、指導者がそういうことは言っちゃいかんよねえ、と思う。

    秋風や眼中のもの皆俳句   虚子

虚子だって、こう詠んでるじゃんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する