俳句的つれづれ日記
ヤモリとイモリ
2016年08月16日 (火) | 編集 |
数日前から、マンションの外階段で(たぶん)ヤモリを時々見かけるようになった。
すばしっこくて、すぐに逃げてしまう。
こんなところ、餌もそれほど豊富でもないだろうに、 どこかから迷い込んできたのだろうか。

ところで、ネットで検索したら 「ヤモリとイモリ」の違いがよく分からない――というような記事がたくさんあって、ちょっとびっくり。
えー ぜんぜん違うやろ! (名前は似てるが)
そもそも生息してる場所が違うし、爬虫類と両生類やし、イモリはお腹が赤いし!
――と思ったが、どちらにもあまり馴染みのない街暮らしの人ならそれも当たり前か。

田舎育ちの私には、特にイモリは身近な生き物だった。
田んぼには必ずいたもんね。
子供の頃は、あの赤い腹が毒々しくて気味悪いと思ってたなあ。
でも背中側が黒くて裏返すと赤、ってなかなかスタイリッシュな色合いだ。

最近はイモリをペットとして飼う人もけっこう多いそうで、それにもびっくり。
あれって飼って楽しい生き物なんだろうか。
人に懐いたり甘えたりしなさそうだけど。

ヤモリはちょっと飼ってみたい気もする。
餌代けっこうかかりそうだから、ビンボー人には無理やけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する