俳句的つれづれ日記
2016年08月06日 (土) | 編集 |
季語はないけれど、この季節以外を想像し得ない。

    広島や卵食ふ時口ひらく   西東 三鬼

初めて読んだとき、ゆで卵を食べるためにひらいた口内の暗さが怖かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する