俳句的つれづれ日記
巴里祭
2016年07月15日 (金) | 編集 |
7月14日、フランスの革命記念日。
俳句では 「巴里祭」として季語になっていて、たいていの歳時記に収録されているはずだ。
異国の、特に日本と関係のあるわけでもない行事がどうしてまた季語になっているのだろう。
当時はやはりフランスへの憧れが強かったのか。
それと、映画 巴里祭』の影響と。

もっとも、巴里祭という呼称は日本だけのもの。
どこかなつかしく、甘い感情を誘う響き。
「革命記念日」では、たぶん季語にならなかったのでは。

日本人の私には想像つかないくらい、フランスの方達にとっては特別な日なんだろうに……

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する