猫まち

俳句的つれづれ日記

Entries

『ウィンブルドン』

まだ絶版状態なんだろうか。
ラッセル・ブラッドンの 『ウィンブルドン』
このミステリを読むなら、やはり一年のこの時期しかあるまい。

ミステリでもあり、二人の若者の友情物語でもあり。
主人公の一人がソ連から亡命するという設定の、けっこう古い時代の話だけれど、今読んでも古臭さは感じさせない。

時代設定変えて、また映画化しても面白いんじゃなかろうか。
実際のトップ選手にも出演してもらって~

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

旬の花時計 V2

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

ブログ内検索