俳句的つれづれ日記



掃き出し窓
2016年06月12日 (日) | 編集 |
お客様と話すときには、特殊な建築用語を使わないように気をつけている。
……が。

「掃き出し窓」 という言葉を使ったら 「何ですか、それ」と言われてしまった。
先月は30代くらいの女性、今日は60代くらいの男性が相手だった。
えーー?
掃き出し窓って、特殊な言葉なの?
今まで、たいていの方には「掃き出し窓」で通じてたのに。

「それは掃き出し窓ですか?」
じゃなくて、いちいち
「それは、下端が床と同じ高さになっている窓で、人が出入りができる大きさですか?」
なんて聞かないといけないのだろうか。

(本来は室内のホコリなどを掃き出すため設けられた小さな窓のことだけど。
一般的にベランダやリビングなんかの、人が出入りできる窓を指すことが多いので、そういう意味で使用)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する