俳句的つれづれ日記
2016年05月27日 (金) | 編集 |
昨日の記事の2枚目の画像。
これ、やっぱりアツミゲシだったらしい。
雑草に混じって生えていても、大抵の人は「あらキレイ」でそのままにしておくだろう。
もう芥子坊主ができていたから、既に種子が飛散しちゃった後だろうなー
来年もあの周辺でアツミゲシ、繁殖しそう。

しかし、このアツミゲシから阿片を採取するなんて、あまりにも非現実的とも聞く。
(未熟果が小さすぎて、費用や手間を考えると現実的ではない)
繁殖力すごいらしいから、生態系を守るって意味では駆除は効果あるのかもしれんが。

どっちにしても花自身には罪のないことだ。
人間さまの都合で悪役扱いされるアツミゲシ、何だか申し訳ない気分。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する