俳句的つれづれ日記



麦の秋
2016年05月06日 (金) | 編集 |
竹の秋は春の季語。 麦の秋は夏の季語。

 DSC05466.jpg

もうすっかり金色になった、麦畑。
好きな光景だなー
さて 蕪村の麦の句、いくつか。

    麦の秋さびしき貌の狂女かな
    うは風に音なき麦を枕もと
    長旅や駕なき村の麦ぼこり
    病人の駕も過けり麦の秋
    旅芝居穂麦がもとの鏡たて
    狐火やいづこ河内の麦畠
    麦秋や何におどろく屋ねの鶏
    麦秋や一夜は泊る甥法師     『蕪村俳句集』より

屋根の鶏の句、けっこう好き。
なんとなく田舎でこんな情景を見たような、見なかったような。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する