俳句的つれづれ日記
2016年04月05日 (火) | 編集 |
東海林さだおさんの本で知った、京都の「錦水亭」
ここの春限定の献立 「たけのこづくしのコース」 というのを、一度は食べてみたい。
       ↓
http://www.kinsuitei.co.jp/1contents/haru.html

朝掘りの筍を使った、筍尽くしの献立。
特に筍が大好物ってわけではないのだが、いかにも美味しそう!
木の芽和えに始まって、刺身風やらすまし汁やら煮物、田楽、焼き物、蒸しもの、天ぷら、酢の物、筍ご飯等々。
お値段 12、000円と決して安くはない。
でも、いつの日か、一度くらいは……。


明日は天気、それほど悪くなさそうで嬉しい!
母に付き添って病院に行くのだが、帰りに桜を見ようと思う。
おにぎりでも作っていくかなー 唐揚げと漬物くらいを添えて。
うちの母はとにかくすごい偏食なので、いろいろ作っても食べてもらえない。
野菜の煮物ならOKだけど、母みたいな味にはできんしー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する