俳句的つれづれ日記
ブルーブラックのはずが
2015年12月16日 (水) | 編集 |
昨日文具店に行ったのは、万年筆のカートリッジインクを買うため。
店頭には置いてなくて、店員さんに言ってレジ後ろの棚から出してもらった。
「万年筆はウォーターマンで、色はブルーブラック」と伝えた。

帰宅して早速使ってみたら。
「……どう見てもグリーンよね」
次の休日に交換してもらいに行かねば。 は~~

グリーンでもいいかと思ったが、つい昔流行った歌が頭をかすめてしまったのだ。
「緑のインクで手紙を書けば~ それはさよならの合図になると~」
ふ、古い……
この歌わかる人、どのくらいいるんだろう。



よんどころない事情により、今週参加予定だったお食事句会に行けなくなった。
とても楽しみにしてたのに。 がっくりだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する