俳句的つれづれ日記
2015年12月09日 (水) | 編集 |
ヴォーリズ学園。
 DSCN9784.jpg

学園の周辺をうろついていたら(怪しい……)、校庭で作業をしていた方が声をかけてくれた。
「見学ですか?」
わざわざ敷地内にある「ハイド記念館」に案内してくださった。 感謝!
さらに、そこにいらした方(学園の責任者の方? 館長さん?)は 「来客があるので、あまり丁寧な説明はできませんが」と言いながら、それは親切丁寧に案内してくださった。 ほんとに感謝!
 DSCN9793.jpg

もともとは幼稚園舎として使用されていた建物。
内装にも、その名残がなんとなく……
 DSCN9791.jpg

保健室だった部屋の、丸くて可愛い窓、子供たちは喜んだだろうなあ。
 DSCN9790.jpg

いかにもヴォーリズっぽい雰囲気の部屋。
 DSCN9789.jpg

「手すりの丸みだとか、小さい子や年配の方も上がりやすい設計の階段とか、彼らしい設計ですね」
「あ! そういえば因島のペンションもこんな雰囲気でした」
窓の向こうに紅葉した樹。 絵を飾ってるみたいだ。
 DSCN9792.jpg

講堂兼体育館。
木のあたたかみが何とも言えない。
見た目の良さばかりでなく、ここは音の響きもとても良いのだとか。
学園の生徒さんたちが吹奏楽の練習に使ったりしてるらしい。 なんと素敵な環境!
 DSCN9787.jpg

こちらは現在の幼稚園舎。
ヴォーリズ本人の設計ではないと思うけれど、たぶん「一粒社 ヴォーリズ建築事務所」の仕事なんだろうな、と勝手に推測。
こんな幼稚園で過ごせたら、美しいものや心地よいものを見る眼がおのずと養われそう。
 DSCN9783.jpg

ハイド記念館、見学できて本当に良かった。
声をかけてくださった方、案内してくださった方に心から感謝しつつ、また歩き出す。

学園のすぐ近くには、ヴォーリズ記念館がある。
 (12月は閉館中なので、内部の見学はできない&開館期間中でも事前予約必要)
ここは、ヴォーリズ夫妻が後半生を過ごした家。
下見板張りの好ましい外観ではあるけれど、名士であるヴォーリズ氏の住まいにしては質素。
こういうところにも氏の人柄が現れてるようだ。
 DSCN9794.jpg

アンドリュース記念館。 外観のみ。
たまに一般公開されることもある、らしい。
 DSCN9799.jpg

近江八幡教会。
彼の設計かどうかは確認できなかった。 ただ、この教会との関わりは深いようだ。
DSCN9800.jpg


ところで、ハイド記念館を案内してくださった方が 「お勧めは神戸女学院大学」とおっしゃっていた。
保存状態がとても良いのだとか。
見学ツアーが3月に何度か行われるらしい……うわー行きたい!

あと、京都の駒井家住宅も見たいしー
同じく京都の東華菜館で中華料理を食したいしー
ヴォーリズ六甲山荘も見学したいしー
もちろん次回こそはヴォーリズ記念館の内部見学もしたいしー
神様~、時間とお金、プリーズ。

ま、願っていればいつか訪れることもできましょう。
コメント
この記事へのコメント
あづきさん、ますます神戸女学院大学の見学をしたくなりました~~ 
外部の人間が見学できる機会は限られてるので、そのタイミングで行けたらラッキーなんですけどねえ。
元幼稚園舎だったハイド記念館も、随所に子供たちへの愛情が感じられるような建物でした。あんな建物で勉強できたら最高ですね。羨ましい!
2015/12/09(水) 22:49:26 | URL | hisohiso #-[ 編集]
たびたび(^^;;(すでに読まれているかもしれませんが…)
内田樹によると、ヴォーリズの建物は、安易な類推を許さない建物で、自分で歩いて自分の眼で覗き込まないと、隠し扉や隠し階段などの仕掛けに気づけない。好奇心に駆られて一歩踏み入れた学生たちにだけ報奨が与えられる。自分の決断で「まだ入ったことのない空間」に踏み込んだ学生に、「ふだん見知った場所の、その窓からしか見えない相」が与えられるヴォーリズの校舎は、学びの比喩だ。ヴォーリズは建物を通じて、自分の決断で見知らぬ場所に踏み入る勇気を持つよう励ましていて、愛情深く思慮深い建築物である、ということでした。やはり、神戸女学院大学は最愛の奥様の出身校なので、さらに熱がこもっているのかもしれませんね(^_-)-☆
hisohisoさんのまたのヴォーリズ建築のレポートを楽しみにしています☆彡
2015/12/09(水) 21:50:07 | URL | あづき #-[ 編集]
あづきさん こんばんは~
ヴォーリズの設計した建物って、どこかしら温かみというかぬくもりがあるんですよね。見た目ももちろん素敵なのですが、住み心地、使い心地が良さそうって感じ。
神戸女学院大学と同時期に、やはり彼が設計した学校があるらしいのですが、保存状態がまるで違うとか。神戸女学院はかなり費用もかけて、材料も施工も素晴らしい建物みたいです。見学、してみたーい。
2015/12/09(水) 20:21:26 | URL | hisohiso #-[ 編集]
最近、「負けんとき  ヴォーリズ満喜子の種まく日々/玉岡かおる」を読んだり、内田樹の講演集で、神戸女学院大学の校舎の魅力を知ったりして、 ヴォーリズ建築に興味津々だったので、ここで見られてラッキーでした(^_-)-☆ありがとうございました。やはり、美しい…。。。私も、 ヴォーリズ巡りしたいです!
2015/12/09(水) 19:06:18 | URL | あづき #-[ 編集]
ばーりんさん おはようございます。
因島のペンションも良かったですよ~
「いんのしまペンション 白滝山荘」というところです。
食事も美味しかったですし、機会があれば、ぜひ!
2015/12/09(水) 08:31:49 | URL | hisohiso #-[ 編集]
ふぁ〜
素敵な所ですねえ。
頬ずりしたくなりました←怪しい…
見学できてよかったですね!ありがたやありがたや
因島のペンションも素敵です。
ペンションで、本を読みたいです。いえ、お昼寝も。
贅沢な時間!
ありがたやありがたやです。
2015/12/09(水) 07:40:12 | URL | ばーりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する