俳句的つれづれ日記
近江八幡散策
2015年12月06日 (日) | 編集 |
旅の二日目は近江八幡散策。
近江八幡へ行った一番の目的は 「ヴォーリズの建築をたずねる」だったのだけど、ヴォーリズ以外にも見どころの多い町なのだった。
で、以下の画像は「ヴォーリズ建築以外」の近江八幡。

市立資料館に隣接して、旧西川家・旧判家住宅。
 DSCN9763.jpg

 DSCN9766.jpg

 DSCN9767.jpg

日牟禮(ひむれ)八幡宮。 
画像は拝殿。 てっきりここが本殿かと思ったら、更にこの奥だった。
 DSCN9777.jpg

今回は長浜でも近江八幡でも、行く先々で美しい冬紅葉を楽しむことができた。
がっ! 一番 「おお!」 と唸ったのが、この境内のこの一樹。
 DSCN9778.jpg

門を入ると、いきなり眼に飛び込んでくる。
やや暗い緋色が背景の杉の黒ずんだ緑に映えて、ちょっと凄みがあった。
参拝する人、する人、みーんなが 「うわーー」「わーー」と嘆声をあげていたなあ。
 DSCN9779.jpg

そして近江八幡といえば、八幡堀。
時代劇のロケにもよく使われているそうで。
 DSCN9775.jpg

お堀沿いには桜も多かった。
花の季節にここをそぞろ歩いたらいいでしょうねえ。 (人でごった返してそうだけど)
 DSCN9781.jpg

 DSCN9782.jpg

近江といえば近江牛!
そりゃね、私だって近江牛のステーキかすき焼きでも食べたかったさ。
でも先立つものがね。
何しろ、「夜行バス2泊+やっすいビジネスホテル1泊」という貧乏旅行だ。

せめて近江牛の気分だけでも、と思って、「近江牛メンチカツ」「近江牛コロッケ」を一つづつ買った。
座って食べられるところを探しているうちに、すっかり冷たくなってしまったが。
あ、でもメンチカツは肉肉してて、なかなかのお味だった。
次回訪れる時は、近江牛のすき焼き食べるぞ。

ああ、そしてそして、今回は時間なくてあきらめたけど(季節的にもあれだし)次回は水郷めぐりもしたい。
ええとこでしたよ、近江八幡。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する