俳句的つれづれ日記
2015年11月12日 (木) | 編集 |
書店で 『星の王子さま』 のポップアップ絵本を見かけた。



うわぁ 欲しい!と思った。
でも。 でも。

訳が 内藤濯 じゃなかった……残念。
書店でいろんな人の訳を読んだけれど、私にとっては子供のころに愛読していた内藤濯訳が一番なのだった。
刷り込み作用っていうんですかねえ。
意訳や誤訳も指摘されているらしいけど、やっぱり氏の翻訳で読みたい。
というわけで買うのは断念。

岩波版のフツーの『星の王子さま』(内藤濯・訳)買おう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する