俳句的つれづれ日記



夏も終わった
2015年08月23日 (日) | 編集 |
なんかね、俳句甲子園が終わると、ほんとに夏も終わりだなあって思う。
今年の優勝は名古屋高等学校。 おめでとう!

 DSC05132.jpg

「今のは私なら赤かなあ」「微妙な勝負よねー」などと無責任に言い合いながら、俳句仲間のHちゃんと、午前中だけ観戦。
敗者復活で済美平成中等教育学校が勝ち上がったときは、おばちゃん、思わずうるうるしてしまった。
いやいや、まだ敗者復活戦だ、泣くのは早い。 と思ってこらえたけど。

準決勝第1試合。 
旭川東高等学校の勝利が決まった瞬間の、会場の拍手のすごかったこと。
開成にとっては、なんとなくアウェーな雰囲気だったかも。
漫画なら主人公の前に立ちはだかる最強ライバル的ポジションだからねえ。
これからも強い開成でいていただきたい。

そして、ちょっと思ったこと。
同じ高校からは1チームのみということにしてもいいのでは。
かつては参加校自体が少なかったから、同高校から2チームはむしろ歓迎されてたと思うんですけどね。
参加校も増えてきたし、なるべくいろんな高校の句を見てみたい。
そのかわり、1チーム10人くらいまでOKということにして、試合毎にメンバー変更も可にすればどうだろう。

あー、それと準決勝・決勝の会場はもう少しだけ収容人数の多いところにしてほしいかなあ。
席を探すのに苦労している人がけっこうおられましたし。

DSC05137.jpg

入口近くでは「世界こどもハイク」のコーナーもございまして。
アンケートに回答したら、ポストカード5枚とクリアファイルをいただけた。 らっき~
絵もハイクもチャーミングv
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する