俳句的つれづれ日記
2015年02月09日 (月) | 編集 |
10時頃に病院について、とりあえず病室に落ち着けたのが11時過ぎ。
簡単な説明やら、書類への記載やらをすませると、「先生から手術についての説明がありますので、お待ちください」
……で、待つこと約2時間。 
母には病院の食事があるけど、(何時から説明があるか分からなかったので)私は食べずに待っていた。 
まあ先生も忙しいから、しかたない。 説明もていねいにしてくださったし。

母を残して、2時過ぎに病院を出た。
でも、普段乗らない路線バスに乗ったもんだから、降りるバス停間違えてもうた。ひー
そこから電車に乗り換えなきゃいけないのだが、ここはどこ私は誰状態。
しかたなく、動物的本能で(たぶん、こっちやろ)と歩き出した。

20分余り歩いた。
人家はあれど、人影がない。 雪降ってて、めちゃめちゃ寒かったせいか?
ようやく、一人のオジサンを発見。
「あのー 最寄りの電車の駅へ行く道って、こっちで合ってますか?」
おじさん、ちょっと首をかしげつつ
「うーん、たぶん、あっちの広い道路の方じゃと思うけどなあ」
……と、私が歩いてきた方向を指す。 えええー?

しかたなく、また引き返す。
10分くらい引き返したところにコンビニがあった。
急に空腹を覚える。 そういや、今朝ココアを一杯飲んだきりだ。
帰宅して何か作る気力は残ってないので、おにぎりや唐揚げを購入。
ついでに道を聞く。

教えてもらった道は、私の動物的本能が命じた道だった!
やっぱり合ってたんじゃない!
オジサン、道知らないなら知らないって言ってくれ(泣)
そしてまた歩き初めて、駅にたどりついたら4時近かった。

教訓:知らないバスに乗るときは細心の注意を払え。

そして帰宅してから、一度しか着てないセーターに大きな穴発見。
一応、某百貨店で買ったものなのに……バーゲンやけど。

そんな一日だった。 疲れた。
手術は12日。 4時間くらいかかるそうだ。
でも大安なのが、なんとなく有り難い気がする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する