俳句的つれづれ日記



八甲田山の日
2015年01月23日 (金) | 編集 |
帰り道、思わず「寒~」とつぶやいて、すぐ申し訳ない気分になった。
今日、1月23日は「八甲田山の日」
明治35年、日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が雪中行軍の途中で遭難した、あの事件の最初の日だ。

十分な装備もなしに、未曾有の寒気と吹雪の山中を歩くなんて、想像もつかない。
ヒートテックTシャツやもこもこのダウンコートを着込んで、氷点下でも吹雪でもない道を歩いていながら、思わず「寒~」だもの。
映画では、確か「天は我々を見放した」という台詞があったけど、事件について書かれたものなど読むと、どう見たって「人災」だよねえ。
もちろん映画や小説はフィクションだけど、でもね。
上司が無能だと部下が大変てのは、いつの時代も同じことのようで……
あっ うちの職場のことじゃないですからね!



フェデラーまで、まさかの敗退。
モンフィスも負けちゃったし、今年の全豪は淋しい。 ほんと、いろいろ淋しい。

救いは、オージー若手の頑張りかな。
LHがデ杯チームの監督になるのは、早くて来年だと思っていたけれど、もしかしたら今シーズン中に就任するかもしれんし。
そうなったら、若手君達にはよりいっそう頑張ってもらわんとね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する