俳句的つれづれ日記
2014年11月21日 (金) | 編集 |
氷こんにゃく。
さっき、からあげもどきを作って食べてみた。 
が。
……ビミョー。
確かにこんにゃくとは思えない食感になってたけど、肉そっくり、とまではいかない。
せいぜい「筋の多い安い肉に似てるかも」という程度。

「冷凍→解凍することによって、味がしみやすくなる」ということだったけど、からあげでは今ひとつ。
甘辛いたれをからめるような料理や煮込み料理ならいいのかもしれない。
確かに腹持ちは良さそう。
次はミンチもどきで試してみるか。(懲りてない)



「街路樹のぎんなんの匂いに苦情」という記事を読んだ。
確かに「まあ、いい香り~」という匂いではないかもしれない。
でも、最近の柔軟剤の押し付けがましい匂いよりはずーーっとマシ。
それより何より、季節の風物詩を受け入れる気持ちの余裕くらいは欲しいよねぇ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する