猫まち

俳句的つれづれ日記

Entries

まさに黒歴史

母に、月末はテニス観戦に行くと言ったら 「あー、あの錦織君?」て。
テニス選手の名前なんて誰一人知らない母でさえ、ついに錦織君の名前は覚えた……。
全米準優勝効果はすごい。
ま、私は錦織君目当てじゃないんだけど。



俳句を始めて間もない頃の句帖を、久しぶりに開いてみた。
「……!」
ひどすぎて絶句。
下手なのはもちろんだけど、下手なくせに「ちょっとカッコいいこと言ってやろう」的なさもしさが見え見え。
恥ずかしいを秒速で通り越して、その場で句帖を燃やしたくなった。
今度の休みに処分せねば。
万一、事故などで自分が死んで、その後で誰かにこんなの見られたらと思うと……絶対に死ねない!
これぞ黒歴史。

今だって、「やってやろう」とばかりに「狙ってる句」を詠むこともある。
でも、それは一応自分でも分かった上で、あえてやってるから、(まあ、たまにはこういうのも有りじゃない?)と思ってるわけで。
自覚なしに、ええカッコしいの句を詠んでたんだと思うと、いたたまれない。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

旬の花時計 V2

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

ブログ内検索