俳句的つれづれ日記
2014年07月02日 (水) | 編集 |
まだ、読んではいない。
現時点で「世界最長の推理小説」とされている作品。
前から読みたいと思ってた。

でも、小説、特にミステリは一気に読みたい派。
4冊一気に読むとなると、まったく予定の無い休日じゃないとねー
第一、コレじゃ電車本には重すぎる。

DSC04676.jpg

第1部と2部では、ドイツとフランス、それぞれの古城で人が殺されまくる、らしい。
第3部で探偵登場。
そして、第4部はこの分厚さで、ひたすら名探偵の推理・解決編なのだとか。
よー こんなの書くなあ。
原稿用紙に換算して4、000枚くらいだって。 ひー

読みたくてうずうずしているが、我慢。
明日は投句締切なのに、句がぜんぜん出来てないのであった。
ここ2ヶ月くらい、ぜんぜん詠んでないので、俳句の作り方を忘れちゃったらしい。
嗚呼!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する