俳句的つれづれ日記



痴話喧嘩
2014年06月16日 (月) | 編集 |
明日、じゃない既に今日16日……はお休み。
なので、夜更ししてパソコンに向かっている。
今月末までに、どうにか書き上げたいものがあるのだが、間に合うかなあ。

さて。
午前3時。
環状線沿いなので、自動車の行き来が絶えることはない。
それでも、この時刻はそれなりに静かだ。
そんな中、強烈に響き渡った女性の金切り声。

最初は何を叫んでいるのか、よく分からなくて (ま、まさか事件が!)と慌てて窓を開けた。
すると……
「お前が悪いんじゃ! 殺したろかー!」(※女性の声)
やっぱり事件!? 110番?

「お前があの女と切れんのがいかんのじゃー!」
……あ、あれ?
「人の目の前でいちゃついてー! どういうつもりじゃー!」
……痴話喧嘩ですか。 若いなあ。

男性は何と答えているのか、聞き取れないくらいの小さな声。
そのうち女性はものすごい大声でわんわん泣き始めるし、まさに修羅場。

あちこちから窓を開ける音がしてましたよ。
みんな、目が覚めちゃったんでしょうね。
それくらい、絶叫してましたもん。

実は、1週間ほど前、やはり痴話喧嘩と思われる大声で、午前4時くらいに目が覚めたことが。
まさか、同じカップルじゃないよね……
まあ、そういう修羅場もいい経験?だとは思うけど。
真夜中の大声は就寝中の皆さんに迷惑だから、やめたほうがいいと思います、はい。

そういえば昨日は、ホームセンターの通路で抱き合って きゃっきゃっv あはは うふふ あはは~ な世界に行っちゃってるカップルと遭遇してしまった。
これはこれで困る。 
そこの棚の商品が欲しいんだけど……と思いつつ、見ないふりして去るしかなかった(泣)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する