俳句的つれづれ日記



メリメ
2014年04月20日 (日) | 編集 |
昨日今日の電車本は久しぶりに手にした、メリメの短編集。
「カルメン」とか「タマンゴ」とか6篇。
久々に読むと、あーやっぱり面白い、メリメは短編の名人やなあと感服してしまう。

「マテオ・ファルコネ」はとりわけ完成度が高いと思う。
誇り高いコルシカの男とその幼い息子の悲劇を簡潔な文章で描ききって、スバラシイ。
ごくごく短い話なのに、濃いよねぇ。



あちこちでツツジやら藤やらが咲いているのに、妙に肌寒い。
今日なんて仕事場で思わずカイロ貼ろうかと思ったくらいで。(貼らなかったけど)
風邪ひきそう。

コメント
この記事へのコメント
たまさん こんにちは。情報ありがとうございます。
成願寺って調べてみたら、毎年「人形供養」でニュース記事などに出ているお寺ですね!
ハガキの木の他にもオオムラサキツツジなど、見所が多そうなお寺ですね。これは一度行ってみなくては~
2014/04/21(月) 18:52:31 | URL | hisohiso #-[ 編集]
ごめんなさい 訂正します
「成願寺」久万ノ台です
「ハンカチの木」は花はまだ咲いていません
「ハガキの木」もあって葉の裏に文字を書いて郵便で送れるそうです(現在は分かりません)
 
2014/04/21(月) 15:12:19 | URL | たま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する