俳句的つれづれ日記



初版本
2014年03月10日 (月) | 編集 |
 DSC04522.jpg

この画像だけ見たら洋書みたいだけど、普通の日本の本。
私が洋書なんて読めるわけないv

『ビッグ・ボウの殺人』は古書でないと、たぶん手に入らない。
ネットの古書店でたまたま見かけたので、即購入。
届いてみるとえらく古い。 紙は黄ばんでいるし、変に反っているし。

何しろ昭和31年7月発行の初版本。私が生まれる前だよー
当時の定価は180円。これを今回は300円で購入。
あ、ちょっと価値が上がってる(笑)

でも、中身さえ良ければOK。
本格的な密室ものとしては世界最初?らしい。
(ポーのあれは厳密には密室じゃないしね)

トリックもさることながら、1890年代のロンドンの人々や街の描写が面白い。
犯行の意外な動機、そして皮肉な結末も楽しい。
絶版だなんて勿体無いなあ。
最近の若い人には受けないかもしれないけどー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する