俳句的つれづれ日記



クロアナバチ?に見惚れる
2013年08月22日 (木) | 編集 |
実家の庭に、クロアナバチ(たぶん)がたくさん穴を作っている。
それも、どういうものか硬い土のところばかり。
あんな華奢な体でえらいもんだ……と眺めていたら

自分よりでかいバッタを、楽々と抱えて飛んできた!
す、すごい。

jigabati03.jpg いったん地面におろす

jigabati02.jpg 自分だけ穴の中に入って様子見?

jigabati04.jpg 穴の中へ引きずり込む!

jigabati05.jpg 最終的には穴をふさいでしまう

このバッタ、動かないけれど死んではいないはず。
仮死状態のまま、穴の中に引きずり込まれ、クロアナバチに卵を産みつけられる。
要するに、やがて孵化する幼虫のための餌。
仮死状態(つまり生きたまま)で食われるわけで、バッタにとっては地獄だなぁ……

ところで。
観察している途中、せっせと穴を掘っている個体の近くに餌を抱えた別の個体がやってきた。
と、穴を掘っていた個体がもう一匹を攻撃?し始めた。
攻撃された個体は、獲物を置いて逃亡。
攻撃した側の個体は、ちゃっかりその獲物をゲット。
うーん、弱肉強食の世界だー



秋田書店の懸賞水増し問題。
告発した女性社員を解雇してたようで……(呆)

少年チャンピオンの黄金期は、ほんとに面白かったんだけどなあ。
「ブラック・ジャック」「ドカベン」「花のよたろう」「エコエコアザラク」「750ライダー」等々……
ギャグ漫画もすごかった。「がきデカ」と「マカロニほうれん荘」だもの。

その秋田書店がねえ。幻滅にもほどがある。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する