俳句的つれづれ日記
2013年05月21日 (火) | 編集 |
危惧していた通り、LHは1コケ(泣)
クレーコートでの(シングルスの)試合は今シーズン初めてだったし、仕方ないのかなあ。
もういっそクレーシーズンはスキップして、芝に備えてもいいんじゃ……



某公共スペースにて。
そこにいたのは、中年の男性、30代くらいの女性二人連れ、私。そして女子高生二人。
女子高生は、二人ともごくごく普通の可愛い子たちだった。
派手な化粧もしてないし、きちんと制服を着ていたし。

が!
携帯で誰かと話していた一人が
「フ●ラしたらさー」(●には「ェ」が入ります)

オジサンも女性二人連れも私も、固まりましたとも。
(今、あの子、何て言ったんだ?)
(き、き、きっと 聞き間違いよね?)
(まさか まさか こんな公衆の面前で言うわけないよね?)
……私たちの心の声。

しかし、その女の子はさらに
「チ●ポがさー」(●には「ン」が入ります)

ひーーー! 
オジサンも女性二人連れも私も
(聞かなかった、俺は聞かなかったぞ)
(聞いてない、何にも聞いてない)
……気づかぬふり。

何を話そうが自由、かもしれんけど。
でもやっぱり、公衆の面前では控えてほしいわ。
おばちゃんはそういうのに慣れてないからー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する