猫まち

俳句的つれづれ日記

Entries

春月や針焼いて突く水ぶくれ

a0960_004020.jpg  5月の花といえば、私の中では薔薇のイメージ


こよなく薔薇を愛したリルケは、薔薇の棘による傷がもとで亡くなった。
『マルテの手記』で「現代の人間は自分自身の死を死ぬことがなくなった」と嘆いたリルケ。
彼の死は、まさに彼自身の死、だったんだなあ。


あいかわらず絶不調。
明日こそはクリニック行こう……かな

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

旬の花時計 V2

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

ブログ内検索