俳句的つれづれ日記



おぼろかなしたたかに酢の効いてをり
2013年04月19日 (金) | 編集 |
夜、月イチお食事句会。

 今宵の献立
  小鉢三種(オランダ煮・海そうめん酢のもの・ほたるいか旨煮) 
  お造り(よこわ・さより・ひらめ) 真鯛若竹蒸し  鮑マヨネーズ焼き
  海老みの揚げ  浅利飯  吸い物  ブラッドオレンジ・キーウィフルーツ



bubuku130401.jpg    bubuku130402.jpg     bunbuku130404.jpg
透き通って美しいさよりの身、歯ごたえあるひらめ。
ほどよい柔らかさに仕上がった鮑に添えられたからすみも旨い!

bunbuku130405.jpg     bunbuku130406.jpg
ぷりっぷりの海老!
ブラッドオレンジは愛媛県産だそう。八幡浜あたりかな?

そして……
bunbuku130403.jpg
何といっても、今日はコレ。 真鯛の若竹蒸し。
真鯛というだけで贅沢なのに、その上……
運ばれてきた瞬間 「何これ!」「金箔だー!」 思わず声も裏返るv
筍の食感と、ダシがよく効いてふくよかな鯛の取合せ、抜群。


「一皿少なくてもいいくらいよね」「もう食べられないー」
などと言いつつ、完食。

今日はいつもより少なめの10人での句会。
その分、時間にゆとりがあって、たぶん余計に笑ったかもしれない~

今からもう、来月の句会が楽しみなのであった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する