俳句的つれづれ日記



お椿さん
2013年02月12日 (火) | 編集 |
「伊予路に春をよぶ」伊豫豆比古命神社の春の大祭。
地元の人は「お椿さん」「椿まつり」「「お八日(おようか)」などと親しみを込めて呼んでいる。
私も必ず毎年(吟行がてら)行くv

    根をがんじがらめに木瓜の売られけり
    私語かはす風船売と射的屋と
    鉄板にソース焦がせり春の風
    水笛の水おどりけり春夕焼
    さへづりや石が値踏みをされてゐる
    春風やこの人波に掏摸がをる
    射的銃寝かせて月のおぼろかな

そして毎年、何かしら出会いはある。
どんなものと出会えるんだろうか、といつも楽しみ。
今年は今週末の16日から18日まで。
コメント
この記事へのコメント
ねこ端石さん こんばんは
あの日はマラソンが終る頃にはまた咳が出始めたりしていたので、早々に退散しました。
猫じゃ猫じゃの手ぬぐい、また次の機会に見せてください。お花見とか?
私も猫手ぬぐい、あまた持参しますv
2013/02/13(水) 00:08:03 | URL | hisohiso #-[ 編集]
あ、あの日はお気に入りの猫グッズ(猫じゃ猫じゃの手ぬぐいと石田波郷の猫の俳句の入ったipod)をもってマラソンしていたのですが、見せびらかそうと思ったときにはもういなかったよなあ~ザンネン。
2013/02/12(火) 21:20:24 | URL | ねこ端石 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する