猫まち

俳句的つれづれ日記

Entries

貫一曇り

「「可(い)いか、宮さん、一月の一七日だ。來年の今月今夜になったならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇ったらば、宮さん、貫一は何處かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いて居ると思ってくれ。」

はい、有名な『金色夜叉』の一節。
明日はまさにその1月17日。
この日の夜の曇り空を 「貫一曇り」 というらしい。 へーーー

……が。
尾崎紅葉はこの作品を新暦で書いてんですかね。

新暦が使われるようになったのは、明治6年(1872)1月1日から。
『金色夜叉』の連載が開始されたのは明治30年。
だったら新暦?かとも思うけれど、当時はまだ旧暦も並行して使われていたようでもある。

なんとなく旧暦の1月17日のような気もするんだけどな。 実際はどうだったんでしょ。


 ささやかに たんぽぽ句会TOP頁更新……

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

旬の花時計 V2

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

ブログ内検索