俳句的つれづれ日記
2012年10月14日 (日) | 編集 |
昨日の午後の句会。
犬の句をひとつ出していたのだが、まあちょっと気色悪い系の句で。
師匠曰く「猫の句を詠むときは優しい(猫への愛情があふれてる!)のに、犬やとこうなるんや~」
……私、犬も好きなんですが、やっぱり心の底の愛情の差……?


ところで昨日、ポポーというフルーツをいただいた。(感謝多謝!)
初めて食べたのだけれど、甘くてねっとりとしていて濃密で、いかにもトロピカルフルーツという味。
いやー何より名前がいいじゃないですか!
ポポー  可愛いv

句にしたいけど、まだそれほど一般的な名前ではないよなあ。
ポポーとか書いたら 「……鳩?」 と言われそう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する