猫まち

俳句的つれづれ日記

Entries

花火の夜

伊予市住吉祭の花火大会、俳句仲間と行ってきました。
花火が始まるのは8時からだったけれど、少し早めに行って、屋台冷やかしたり海を見たり。
それぞれ、屋台のかき氷やら肉巻きおにぎりやらお好み焼きやら食べながら、のんびり待つ。

 yuuyake120729.jpg 夕焼けがきれい。

花火が打ち上げられる前には、スポンサーさんのご紹介がある。
「伊予○○株式会社です。伊予市の皆さん、こんばんは。いつもご愛顧ありがとうございます」
てな感じで。
そして花火の演目?には、ちゃんと名前もついている。
「フラワーガーデン」「水中百花園」「サマードリーム」「天空の舞踏会」「夜空のシンフォニー」…等々。
(※うろ覚え)
いちいちウケてしまう。
伊予市の花火は、この素朴な雰囲気がいいのですv

 hanabi12072902.jpg

陣取った場所は、もしかしたらベストポジションだったかもしれない。
夜空の花火はもちろん、海に咲くように開く花火も正面からばっちり見えた。

hanabi12072901.jpg ハートが可愛いv

海からの風が気持ちよく、のんびり穏やかな花火見物。
いい気分転換になったかな。
来年も行きたい。

    海の香のしたたかに遠花火かな  S

そして何年か前、ここの花火を亡くなられたSさんと見たことを思い出して、鼻の奥がつんとなった。
またご一緒したかった。

Comment

 

依里さん こんばんは
あの時と同じように、素朴で愉快なナレーションが聞こえてきました。
潮風の香も、波の音もあの日と変わらないのに…と。
またいつか、みんなで花火見たいですね。

  しだれたる花火の触るる波がしら  S
  • posted by hisohiso 
  • URL 
  • 2012.07/30 18:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

伊予市の花火何年か前ご一緒しましたよね。
大掛かりでないところが、私も好きです
昨日の夜娘が花火の音が聞こえるよ!とおしえてくれて、ああ、ずっと前にご一緒したこと思い出してました。
まっくらなので、俳句を書く字が全く見えず、帰ってから大笑いでした。
時代はめぐり、季節もめぐり、いつの日か思い出に涙が出なくなる日がくるのでしょうね。
花火よかったですか・
  • posted by 依里 
  • URL 
  • 2012.07/30 10:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

旬の花時計 V2

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

ブログ内検索