俳句的つれづれ日記
2012年07月28日 (土) | 編集 |
まだ夜が明ける前に部屋を出て、某事務所へ。
そう、この企画に参戦するために。

「100年俳句計画 緊急スポレク企画
  7月28日はオリンピック(テレビ)観戦吟行の日!」


なんてアホな企画~(褒め言葉)

始発電車はまだ。40分近くかけて歩いてゆくワタシ。
ふっと(もしかしてワタシってバカ?)と思う。
しかし到着してみると、既に10人以上の酔狂な方々が。
良かった、バカはワタシだけじゃない。

入場行進まではのんびりウォーミングアップ。
が、いよいよ選手たちが入場してくるといきなり阿鼻叫喚の場と化した。
各国の入場行進を順送りに詠んでゆくのだが、これがなかなか……!
中国だのアメリカだの人数多い国はいいけど、選手団数名の聞いたことないような国だと、あっという間に画面から消え去ってしまう。
「えっ 私の詠む国どこー!」
「今だれの番?!」
「あー見逃したあああ!」

日本選手団入場!……はいいけれど、どうしてもその後の国の紹介がなおざりにされがち。
「俺の○○国を映せー!」
「日本のことはどうでもいいから、○○国の紹介してええ!」

そんなこんな、大騒ぎしながらもやっと選手入場が終わった。
あとは聖火が燃え上がるのを待つばかり。
……
なのだが、これから仕事だというMさん、Kさん、Nさんは既に退場。(お、お疲れ様です)
そして「早く聖火来て~!」とぎりぎりまで待っていた組長たちも、残念ながら空港へ。
最後まで残っていたのは、編集長以下数名だったのでした。

あー疲れた。でも面白かったv

    三伏をかくも眉濃き男たち   S (アラブ首長国連邦の時の句)

 tenugui12072801.jpg 

この時期にぴったりの手ぬぐい?
本当は去年買った「東北がんばれ」手ぬぐいなのですが。

そして反省。
最近、こういう即吟やってなかったので、俳句的瞬発力の衰えをつくづく実感した。
途中で集中切れて言葉が浮かばなくなるし。
これはいかん。
編集長、ぜひまたこういう機会を設けてくださいませ。

さて。これから一眠りしよう。
おやすみなさい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する