俳句的つれづれ日記
2012年07月03日 (火) | 編集 |
今日は所用のため、帰りが少し遅くなった。
用が終わるまで1時間あまりあったので読んだ本がこれ。

 book120703.jpg

何回読んでも、本当にいい作品だ。
読むたびにさらに好きになる。

主人公である三人の小学生だけでなく、登場人物のみんな生き生きしてること。
彼らの親は離婚していたり、夫婦仲がしっくりいってなかったり、それぞれ「大人の事情」を抱えているのだけれど、そういうのをぐだぐだ書いてないのもいい。
あくまでも子供の視線なのだ。

そしてやっぱり、春でも秋でも冬でもなくて、夏の庭でなくては。
それも夏休みのころの庭。
コメント
この記事へのコメント
都さん こんばんは
あの時はお疲れ様でした。
そして、おにぎりありがとうございましたv美味しかったですv
開会式吟行、眠かったですけど楽しかったですね!
またあの手の企画があれば乗りたいものです~

そういえばスティーブン・キングの「スタンド・バイ・ミー」も夏の話でしたね。
夏は少年を大人にする…?
2012/08/10(金) 23:34:54 | URL | hisohiso #-[ 編集]
hisohiso様 突然のコメントお許し下さい。
先日のオリンピック開会式吟行に参加しておりました。(俳号)都(みやこ)です。 本当にお疲れさまでした。
「夏の庭」 ワタシモ大好きで 毎年この時期 再読しています。
また 読み返したいと思います。ありがとうござます。
あと 梨木香歩著「西の魔女が死んだ」  江國 香織著「デューク」も好きで 
再読しています。(^о^)/
2012/08/10(金) 17:48:15 | URL | 都 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する