FC2ブログ
俳句的つれづれ日記
仕掛け絵本 『恐竜時代』
2019年08月07日 (水) | 編集 |
母用の仕掛け絵本、4冊目は 『恐竜時代』
ほんとは綺麗なお花の絵本がいいかなーと思ったけど、私がこれ読みたかったのだ。
母に 「恐竜の絵本、買ってきてもいい?」 と聞いたら、頷いたのでOKぢゃ。

 IMG_20190807_185311.jpg

古書っぽい装丁が素敵。
一部ご紹介。

 IMG_20190807_184907.jpg

 IMG_20190807_185005.jpg

どん! と一つ大きな仕掛けがあるだけではなくて、どこを開いても、ページの中にまた小さなページが。
ものすごく手がこんでます。

 IMG_20190807_185220.jpg 飛び出す……!

 IMG_20190807_185125.jpg

 IMG_20190807_185140.jpg
    ↑
単なるポップアップではなくて、ページをゆっくり開くにしたがって、恐竜が獲物の肉を食いちぎる動きまで表現!

 IMG_20190807_185114.jpg

 IMG_20190807_185044.jpg

 IMG_20190807_185105.jpg
     ↑
最も迫力のあるページ。
ティラノザウルスの口も開いたり閉じたり。

どのページも本当に凝っていてお見事。
恐竜に関する記述も興味深い。

1冊4,000円(税別)
安くはないけれど、これだけ手間暇も原価もかかってそうな本、むしろよく4,000円で出来るなーという印象。
北斎本も良かったけれど、こっちはもっとすごい。
自分のためだけなら、ちょっとためらってしまうけれど 「母に買ってあげるんだし!」 が口実になって、また買ってしまいそう……。

さすがにこういう本だけは、電子書籍でというわけにはいかない。
こういうところに書店の可能性もあるんじゃないかなあ、と思ったりするのだった。