FC2ブログ
俳句的つれづれ日記
類想類句
2018年07月05日 (木) | 編集 |
東国原さんの句が盗作じゃないかとか何とか、騒ぎになっているらしい。
その句を読んだけど、まあ確かに似てはいる。
似てはいるが、正直、ある程度俳句やってる人なら 「こういう発想の句って、あるよね」 というフレーズ。
実を言えば、私だって10年以上前に似たような句を詠んだことがある。
「冬麗の手配写真の×印」 という句だけど、ありそうな発想かもと思ったので、句集には入れてない(はず)。

たった17音だから、どうしたって、そういう事は起こり得る。
時には、まったく違うところに住んでいる別人から、ほぼ同じ句が投句されることもあると聞く。
小説や論文の、何行か分がそっくり同じだった――というのとは、まったく違うと思う。

でも、俳句やってない人からしたら 「こんなに似てる! 盗作だ! 許せん!」となるんでしょうねえ。
なかなか理解してもらえないかもしれないけど。
あれで犯罪者みたいに糾弾されるのは、ちょっとお気の毒だ。