俳句的つれづれ日記
ある朝は剣のごとき白日傘
2017年08月01日 (火) | 編集 |
そういえば「白日傘」の人をとんと見かけない。
やはり黒が目立つし、黒じゃなくても華やかなものばかり。
私が使っているのは、外側をUVカットコーティングしている、お洒落には程遠いもの。
紫外線アレルギー持ちとしては、見た目より機能性。

でも……たまには、白麻の日傘なんて使ってみたい。
ごくごくシンプルで、汕頭刺繍かなんかが少しだけ施されてるようなの。
モネの絵みたいな雰囲気で。 憧れるなあ……



「夏井いつき」という俳人は本当に器の大きな、でも同時に細やかな気遣いのできる人なんだということを、(もちろん前からそれは分かってることだけど)最近あらためてしみじみと思う。
こういう人に出会って、俳句を始められて幸運だった――なんていうと、宗教みたいと思われるだろうか。
うーん、でも実際にすごい人だってことは間違いないし。 ねえ。