俳句的つれづれ日記
蛙は春の季語なのに
2017年07月11日 (火) | 編集 |
実家ではまだ紫陽花がきれい。
紫陽花と蛙……うん、ベタな取合せ。 でも可愛い。

 DSC06086.jpg

前々から不思議なのだけど。
「蛙」は春の季語になっている。 交尾期の鳴き声がもっとも盛んとか何とかで。
おたまじゃくしが春の季語というのも、もちろん納得。
でも、でも。
青蛙も、雨蛙も、河鹿も、蟇もみーんな夏の季語。
単なる「蛙」一般なら春で、特定の種類の蛙を指すと夏。 うーん。