俳句的つれづれ日記
雨明るし蛇の若きをかなしめば
2017年07月09日 (日) | 編集 |
実家にちょっと帰省してきた。
お墓参りして、畑の野菜たくさんもらってきた。 (むしろ野菜がメインかも……)

紫陽花がけっこう咲き残っていて、百合やグラジオラスはまだ蕾。
やはり松山より2週間くらいは季節がズレている感じ。

 DSC06079.jpg
庭先にいたカマキリ君。 1時間後に見かけたら……

 DSC06088.jpg
お食事の最中だった。 小さな蝶を召し上がっておられました~。
既に頭はなく、いっしんに腹部にとりかかってらした。

そして、えーと、苦手な人はごめんなさい。
お墓の近くにあった、蛇の抜け殻。 きれいに全部残っていて、ちゃんと眼の部分も分かる!

DSC06083.jpg

持ち帰った野菜は、トマト・胡瓜・茄子・ピーマン・ジャガイモ。 あとお米も少々。
これでしばらく野菜買わなくてもいいわー
神官の烏帽子をとりてより暑し
2017年07月09日 (日) | 編集 |
タイトルの、これも十数年以上前に詠んだ句。
あーこんな句詠んだわなーと、ちょっとなつかしい。

確かこれ、伊予市の海岸の海開きを見た後でできた句だったと思う。
たまたま神事やっていて、烏帽子姿の神主さんがとても涼やかに見えたのだった。
暑い日だったけれど。
そういえば、伊予市の五色浜へもずいぶん長いこと行ってない。
たまには気分転換で吟行でもしてみるかなあ。