俳句的つれづれ日記
夢スタジアム
2017年07月31日 (月) | 編集 |
「夢」を兼題にした句を 「夢スタジアム」に設置の「YUMEプレート」に刻印するという企画。
ラジオ番組 『一句一遊』 と FC今治のコラボだ。

その4句が、今治FCのサイトで発表されていた。
http://www.fcimabari.com/news/2017/000672.html

 ① この星も誰かの夢や星涼し  海田
 ② 夏空は蒼くて我に夢ひとつ  教人 
 ③ ピッチより夢海を越え青嵐  啓豪 ※93キロのプッコラ
 ④ 夢のゴールや炎帝のど真中  緑の手

どれもスタジアムにふさわしい句やなあ。
私にはこういう、ストレートに気持ちいい句は詠めないのであった。
……人間性の問題ですかね。
ほんといろんな柑橘がある
2017年07月30日 (日) | 編集 |
先日いただいた、河内晩柑(かわちばんかん)。
かなり大きい柑橘だ。

DSC06110.jpg

これ、何と収穫時期によって味わいが変わるらしい。
3~4月頃は甘味も酸味も強い、濃い目の味。
だんだんそれが変わってきて、盛夏(今ごろ)はあっさりした味になるのだとか。

確かに食べてみると、優しくてすっきりした味だった。
夏にはこういう味がいいかも。



「LED」という単語が咄嗟に出てこなくて焦った。
(えーと、えーと、蛍光灯よりも省エネになる、あれってー えーとー) 
寝起きだったせいもあるのだろうか。 (そう思いたい!)
でも、人の名前もなかなか出てこないしなあ。
いいサプリとかないですかねえ…… 
人形の睫毛つめたき晩夏かな
2017年07月29日 (土) | 編集 |
今年、立秋は8月7日。
もうあと少しじゃありませんか!
俳人的には今は晩夏って感じ? なんだか焦る。

それなりに脳を使わないけない作業してるんだけど、眠くて眠くてはかどらない。
ならば、いっそ数時間寝てから夜中に起きてがんばろうか、と思うのだが。
そうしようと布団にもぐりこむと、ぜんぜん眠れない。
困ったもんですなあ。

猫も入れる……?
2017年07月28日 (金) | 編集 |
買ってしまったムック本。
いや、本というより、ほぼこのボストンバッグがメイン。 おまけで小冊子がついてるけど。
1980円+税。 500円の図書カード3枚を使ったので、現金支払いは600円くらいだった。

 DSC06111.jpg

 DSC06112.jpg
バッグの横に小さなメッシュ状の窓がついていて、猫が外の様子を見ることができる。
蓋がついているので、猫を入れない時は窓は隠しておける。

 DSC06114.jpg
「猫とサンマと猫缶」でデザインされている。 これは可愛い!

 DSC06115.jpg
けっこうリアルなイラスト。

ただし、注意書きにもあったのだけど、動物専用キャリーバッグというわけではない。
あくまでもボストンバッグ。
底板がないから猫を入れたら安定しないだろうし、中で暴れたら破れそう。
あまり重い猫だと耐久性も心配。
作りも「すごくいい!」……とは言えない。
でもま、収益の一部は猫の保護活動支援へ寄付されるそうだし。
ちょっと近所へ猫を連れていく時などには良いのでは。 
猫バカさんは、おひとついかがでしょv

私は田舎に帰省するときに使う予定。 2泊3日くらいの荷物は楽に入りそう。
メッシュ窓がついてるから、野菜入れてもいいし!
真つ白な蛾のしづかなる旱星
2017年07月27日 (木) | 編集 |
蒸し暑い。
ちょっと外を歩いただけで、汗びっしょり。
首にガーゼタオル、半袖の時には肘から上まであるUVカット手袋。
そんな格好してるから、なおさら暑いのだが。
でも、うっかり紫外線浴びたら後が怖すぎる。

……とりあえず、少々夏バテ気味。 
すごく眠いのに、でも眠れないのはどうしてなんだろう。
口出しはしないと決めて心太
2017年07月26日 (水) | 編集 |
昨日は土用の丑の日だった。
近所のスーパー行くと火曜市ってこともあってか、けっこうみんな買ってゆく。
皆さん、お金持ちぃ~

さて。 作業が一区切りついた後、龍之介の句集を読んだ。
彼の句は切れ字を使った句が多くて、きっちり決めた正統派だなーと改めて思う。

暑いときは熱いもの食べるといいっていうから、あえて夏の暑そ~な句、いくつか。 
共通項は切れ字の「かな」。

    蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな
    木の枝の瓦にさはる暑さかな
    つくばひの藻もふるさとの暑さかな
    兎も片耳垂るる大暑かな
    松かげに鶏はらばへる暑さかな
        『芥川龍之介句集 夕ごころ』(草間時彦・編)より

兎の句には「破調」と前書がついている。
確かに字足らずなんだけれど「兎も……!」と絶句してるみたいで、極暑の空気が伝わってくる。
たぶん上五の字足らずで成功してる、稀な例なんだろうなあ。



当事者でもないのに横から口出しすることはしない。
したって事態がよけいにややこしくなるだけですもんね。
まあ、裏事情を知っているときは心の中で (いや、それ違うから!) と叫んでしまうけど。
ちょっともやもやすることもあるけれど。 口出しはしない。
……ええ一般論ですよ、一般論。
こんな日もあるさ
2017年07月25日 (火) | 編集 |
今日はいろいろとついてない日だった。

・ 住民票とりに高島屋の市民サービスセンターへ行った。
 電車で行くなら、暑い外を歩かなくていいし~と思ったのだが。 
 ……休業日だった。 がっくり。 
 しかたなく暑いなかを市役所まで歩いた。 ふー

・ 帰り、スーパーに寄って買い物。
 いつもは通販で購入している化粧水、スーパーの化粧品コーナーにも少しだけだが置いてある。
 今月はここで買うか~と、空箱を手にレジに行った。
 (万引きを用心してか、空箱をレジに持っていくとホンモノと交換してくれるシステム)
 が! 「すみません、あいにく売り切れで……」  じゃあ空箱を置いとかないでよぉー
 ちなみに他の化粧水は普通に在庫があった。

・ 気を取り直して食品コーナーで買い物。
 なぜか急にからしマヨネーズの味が恋しくなって探すも、棚にない。
 まさかと思いつつ店員さんに調べてもらうと 「あー、在庫無いみたいですねえ」
 他のマヨネーズやドレッシング類はどっさり置いてあるのに!
 特売商品ってわけでもないのに、なぜピンポイントで私の欲しいものだけ!

・ 特売で冷やしそばが安かったので、お昼はこれにしようと思った。
 レジにて。  「あら? これ、ちょっと破れてますね~」
 ……気がつかなかった。  もちろん交換はしてくれたけど。

・ とどめ。
 部屋の照明器具が壊れた……かなり前に購入したものなので寿命なのだろう。
 でも! よりによって今日!
 お金ないのにー さすがに買わないわけにいかない。 はああああ

……いやしかし。
こうなると、明日はきっとハッピーな事が起こるに違いないと思えてくる。
だよね?
河童忌の鳥の子紙の重かりき
2017年07月24日 (月) | 編集 |
今やってる作業が遅々として進まない。
ほんとは昨日中に終わらせる予定だったのに、明日までずれ込みそうだ。
……がんばろ。

あっ そういえば今日は我鬼忌(河童忌、龍之介忌)じゃないですか。
誕生日が同じよしみで、ここは一句捧げなくちゃならんところだけど……今日はその余力がなーい。
というわけで、タイトルはまた古い句。

龍之介の夏の句で好きなのはいろいろあるけれど、これなんて気持ちよくていいなあ。

    日ざかりや青杉こぞる山の峡    芥川龍之介
          『芥川龍之介句集 夕ごころ』(草間時彦・編)より

「こぞる」が、いかにも真っ直ぐな杉の感じで、すごく好き。
私が林業の町で育ったせいかもしれないけれど。
ハナムグリ?
2017年07月23日 (日) | 編集 |
シンクロナイズドスイミングを見るたびに 「犬神家の一族」 を連想するのは私だけではないはずだ。
……ふっとそんなことを思ってしまう世界水泳。

 DSC06107.jpg

えーと、これはコガネムシ、ではなくてハナムグリ?
背中に小さな斑点があるし、ちょっと小さめだし。

マンションの外階段でひっくり返ってジタバタしていた。
つまみあげて手すり部分に乗せてやると、しばらくして飛んでいった。

角度によっては金色に輝いて、とても奇麗なんですけどねえ。
昆虫なのに、こんなにとろくて大丈夫なんだろうか。



しかし……他人様の気持ちのこもった忠告を素直に聞けなくなったら、人間おしまいだと思うなあ。
他山の石として、自分も気をつけよう。
このインパクト
2017年07月22日 (土) | 編集 |
実にインパクト大!な 「アパ社長カレー」。 いただきものですが。

 DSC06102.jpg

これ、予想外に美味しかった。 レトルトというより、普通にお店で食べるような味。
ちょうどいい加減の濃厚さ&辛さ。
見かけで判断しちゃいけませんねえ。

さて。 お腹いっぱいになったし、これからがんばって作業に取りかかろう。
明日中に終わらせたいなあ。
鮎ほぐしつつややこしき頼みごと
2017年07月21日 (金) | 編集 |
夜、お食事句会。 今宵の献立

  冷やし焼き茄子   鱧白子煮凝り   鯵刺身   鮎塩焼き
  鯛骨蒸し  スイートコーンとオクラの天ぷら   鰻茶漬け  西瓜

 DSC06097.jpg

 DSC06099.jpg

 DSC06101.jpg

美味しかった~v この3点が特に。
締めの鰻茶漬け、量もほどよくて豪華v

 DSC06098.jpg

さらに今日はTさんのアイルランド土産のチョコレートまで!
甘すぎず、フルーティー! 見た目も奇麗。

あーしかし、やっぱり今夜も食べ過ぎだ~
いろんなものが……
2017年07月20日 (木) | 編集 |
殺風景で散文的なマンションの外回りにも、いろんな出会いが。

 DSC06094.jpg

アオスジアゲハの羽が一枚だけ、ぴらっと落ちていた。
鳥のしわざ? いや幼虫ならともかく、鳥がアゲハ食べたりするのか?
それとも蜘蛛のしわざだろうか。 蜘蛛なら有りうるが。

 DSC06090.jpg

こんな餌もないようなところに何故、君は……。
やはらかに猫咬みあへり遠花火
2017年07月19日 (水) | 編集 |
T句会。

 DSC06092.jpg 

句会場に飾ってあったお花。 白い葉っぱは「半夏生」
雑節の半夏は、この花が咲く頃だからという説も。
でも、逆に半夏の頃に咲くからこの植物を半夏生と呼ぶようになったとの説もあり。
鶏が先か卵が先か、的な。
(※ 名前の由来については、他の説もあり)

俳句を始めてまだ数ヶ月の皆さん、だんだん句会に慣れてきた気がしますー
さあ、どんどん深みにはまりましょう。
気がついたら、もう引き返せなくなっている……俳句沼、こわーい(笑)

あ、そういえば四国地方も梅雨明けしたようですね。
ああ本格的な暑さが……!
ペトリコールとは
2017年07月18日 (火) | 編集 |
ひょんなことから 「ペトリコール」 という言葉を知った。
何かというと、「雨が降った時に、地面から上がってくる匂い」のことなのだとか。

あの匂いに名前があることにびっくり。
しかし、聞いた1時間後にはもう忘れてしまった。
「えーと……なんか薬の商品名みたいな名前やったんやけど……」

横文字は(も)、なかなか覚えられない。
トシ、ですかあ?
暑さでぼーっ
2017年07月17日 (月) | 編集 |
某所への投句〆切は昨日だったのに。 すっかり忘れていた。
というより、今日だと勘違いしていた。 あ~あ。
暑くて頭がボケているんだろうか。
私の睡眠、きっとすごーく<質が悪い>からなあ……

あっ
そういえば水曜と金曜に句会があるんだった。
その句を用意せねば~~

     涼しさの鳥獣戯画のはこばるる   S
楽しい!
2017年07月16日 (日) | 編集 |
ウィンブルドンにて。
もう、この人たち、楽しすぎる。
現役を引退した、いわゆるレジェンド達によるダブルス。


ちなみに試合自体はLHとフィリポのペアが勝ったv
今日は決勝ぢゃ。 
優勝したら23000ドルの賞金も出る。 
これってツアーの250クラスの賞金よりちょっと少ないくらいな感じかな。
夜の動物園
2017年07月15日 (土) | 編集 |
今抱えている作業がふたつ。
やっぱりめんどくさい方からやったほうが、後でラクだよね――と手をつけたものの、いきなり挫折。
遅々として進まないのであった。
〆切はまだちょっと先だが、できれば!できれば!次の土曜くらいまでに終わらせたい。

そして~
久しぶりに夜の動物園行きた~い。
今年の開催は、7月22日、8月5日・12日・19日、9月2日、10月14日・21日。

http://www.tobezoo.com/tobenews/event/#tevent-entry1977

9月か10月という手もあるけれど、できれば22日に!

今日も暑かった
2017年07月14日 (金) | 編集 |
昨夜はLHのダブルスを久々に見た。
やっぱり上手~い。 観客を沸かせておりました。
ダブルスに専念したら、現役でツアー回れそうなんだけどなあ。
ま、デ杯監督にアカデミーの運営スタッフ、時々エキシビションに出場、たまに解説の仕事……
となると、とてもそんな時間は取れないだろうけど。



本日、某番組で俳句仲間のMさんご夫妻のことが紹介された。
お二人とも視覚障害者。
好奇心にあふれ、みずみずしい心でいろんなことを感じ、楽しんでおられる。
ほんとに素敵なご夫婦だ。
あんな風に手を取り合って歩めるパートナーがいるって、素晴らしい。(羨ましい……)
どたばた
2017年07月13日 (木) | 編集 |
今までauひかりを使っていたのだが、SoftBank光に変更。
今日、回線工事だった。

私、事前にちゃんと担当者に聞きました。
「モジュラージャックが箪笥の後ろにあるんですけど……箪笥、動かした方がいいですよね?」
「いえ、大丈夫ですよ~」
「えっ ほんとにいいんですか?」
「はい」
……そうなん?と、すっかりその言葉を信じた私。

昼前に工事の人が来てみると 「え? この家具の後ろですか? 動かせます?」
やっぱりいい! だから確認したのにいいいいい!
こんなん、すぐに動かせるわけない。
工事日を延期してもらおうとしたのだが、営業さんが 「午後4時からだったら、工事の人が再度行けますんで!」

しかたないから、箪笥のなかのもの取り出して、下に古いタオル敷きこんで、ずりずりずりと移動させましたよ。
工事が終わったら、またごそごそごそと元に戻しましたよ。
結局、夕方までかかってしまった。 ふーーー

auの方の解約手続きもしなくちゃならんし、機器を返却しないといけないし。
わずらわしいこと、この上なし。
月々の料金が安くなるからってことで変更はしたものの、niftyのIDとアドレスはそのまま使いたいし、今使ってるサービスも引き続き利用したいし……となると、それほど安くはならないのであった。
うーん、こんな苦労して変更しなくてもよかったかも。
ドイツ語は紫紺色かも夕端居
2017年07月12日 (水) | 編集 |
これまたかなり前の……17年くらい前に詠んだ句。
なんとなくドイツ語は紫紺色ぽいなあ、と。
フランス語だったら、もうちょっと華やかな色だろうし。
オージー訛りの英語なら、黄色味の強いオレンジとか。



今日はLHがレジェンドダブルスに出ていたらしい。
んもー 気がついた時には終わってしまっていて、がっくり。
久しぶりに彼のプレイを見ることができたかもしれないのにーーー
蛙は春の季語なのに
2017年07月11日 (火) | 編集 |
実家ではまだ紫陽花がきれい。
紫陽花と蛙……うん、ベタな取合せ。 でも可愛い。

 DSC06086.jpg

前々から不思議なのだけど。
「蛙」は春の季語になっている。 交尾期の鳴き声がもっとも盛んとか何とかで。
おたまじゃくしが春の季語というのも、もちろん納得。
でも、でも。
青蛙も、雨蛙も、河鹿も、蟇もみーんな夏の季語。
単なる「蛙」一般なら春で、特定の種類の蛙を指すと夏。 うーん。
子規の南天の花の句
2017年07月10日 (月) | 編集 |
この1句しか検索できなかった。

  南天の実になる花と思はれす   子規
    『季語別子規俳句集』 (編集・発行 松山市立子規記念博物館)

まあ私だって生まれてこのかた、南天の花の句なんて詠んだことないけど。

 DSC06080.jpg

昨日、実家の庭にいる時、風に吹かれて白い小さな小さな、米粒みたいな花びらが散りかかってきた。
何かと思えば南天の花。
庭のあちらこちら、勝手にどんどん殖えている。

 DSC06082.jpg

ホタルブクロも母に言わせると 「もー殖えて殖えて困る!」 らしいけど。
でも可愛い花だ。

うん、植物の育つちからってすさまじいものがある。
よく 「動物的」「植物的」というけれど、植物の方が猛々しいよなあ……と私は思う。
雨明るし蛇の若きをかなしめば
2017年07月09日 (日) | 編集 |
実家にちょっと帰省してきた。
お墓参りして、畑の野菜たくさんもらってきた。 (むしろ野菜がメインかも……)

紫陽花がけっこう咲き残っていて、百合やグラジオラスはまだ蕾。
やはり松山より2週間くらいは季節がズレている感じ。

 DSC06079.jpg
庭先にいたカマキリ君。 1時間後に見かけたら……

 DSC06088.jpg
お食事の最中だった。 小さな蝶を召し上がっておられました~。
既に頭はなく、いっしんに腹部にとりかかってらした。

そして、えーと、苦手な人はごめんなさい。
お墓の近くにあった、蛇の抜け殻。 きれいに全部残っていて、ちゃんと眼の部分も分かる!

DSC06083.jpg

持ち帰った野菜は、トマト・胡瓜・茄子・ピーマン・ジャガイモ。 あとお米も少々。
これでしばらく野菜買わなくてもいいわー
神官の烏帽子をとりてより暑し
2017年07月09日 (日) | 編集 |
タイトルの、これも十数年以上前に詠んだ句。
あーこんな句詠んだわなーと、ちょっとなつかしい。

確かこれ、伊予市の海岸の海開きを見た後でできた句だったと思う。
たまたま神事やっていて、烏帽子姿の神主さんがとても涼やかに見えたのだった。
暑い日だったけれど。
そういえば、伊予市の五色浜へもずいぶん長いこと行ってない。
たまには気分転換で吟行でもしてみるかなあ。
くるぶしに炎暑の水のよくあそぶ
2017年07月08日 (土) | 編集 |
「テニスに飽きた」なんて言って大騒動になってしまった、豪の若手・トミック君。
(いやもう中堅選手と言うべきかな)
まあテニスファンにしてみれば 「またやらかしたか!」 なんですけどね。
……
スピード違反で捕まったり、ホテルでどんちゃん騒ぎして通報されたり、無気力試合したり、デ杯のチームメイトと揉めたり。
片手じゃ足りないくらい、あれやこれや「やらかしてる」選手なので(苦笑)
でも、才能はあると思うんですよね~。 勿体無い。

私も飽きっぽい方だ――自分で思う。
でも俳句とだけは、ずっと飽きることなくつきあってこられた。
「句ができん~~!」 とジタバタすることはあるけれど。 でも、それも楽しさのうち。
トミック君も、こんな気持ちでテニスと向き合えるようになれたらいいのにねえ……。
夏帽や秘密なき日のつまらなく
2017年07月07日 (金) | 編集 |
某所から 「天」 の俳句ノートが届いた。

 DSC06076.jpg

あ、左のミニ蚊取り線香は関係ないです(笑)
箱のデザインが猫だったので、うっかり買ってしまっただけ。

 DSC06077.jpg

ノートの巻末には歴代の 「天」 句が掲載されてます。
自分の句をそこに見いだして、なつかしがっている今日なのでありました。
2年くらい投句してたっけなあ。
そしてまた最近、投句を再開したってわけです。

    夕方のハンカチ靴底に小石    

これも当時の句。 なつかしいわー
猫センサー
2017年07月06日 (木) | 編集 |
猫バカはたいてい猫センサーを備えているので、普通に通り過ぎたのでは気づかない猫にも反応することが多いのですv

DSC06074.jpg

とある駐車場の車の下でくつろいでいた猫。
なんとなくそんな気がして、もしやと見たら、やっぱりv
お猫様がいるってことは、そこは涼しいのでしょうねえ~~
茄子の刺
2017年07月05日 (水) | 編集 |
最近、白い茄子(たぶんホワイトベルという品種?)がスーパーの売り場に出回るようになったので、毎日のように食べている。
加熱すると、とろーっとなって美味しい!

が。
今日の夕方、うっかりへたの部分を握ってしまったら 「痛ー!!」
刺が刺さってしまったらしい。 もんのすごく痛かった。
なんとか刺を抜こうとしてるのだが、なかなか取れない。
火で焼いた針でつついたりしてるんだけどなあ……さて、どうしたものか。



ウィンブルドン。
私が期待していたオージー若手はみんな敗退してしまった……悲しい。
弾薬庫跡地を熟れて蛇苺
2017年07月04日 (火) | 編集 |
某所へ投句しようかと思っていて、出さなかった句。
そこへは何句応募してもいいのだけれど、私は1句だけと決めている。
「選は創作なり」 は虚子の言葉でしたっけ。 それは自分の句についても言えるのかも、と。

しかしまあ暑いこと。
が、暑いからこそ 「涼し」 が夏の季語になるという、先人のセンス。
季語っておもしろい。
犯人は誰だ
2017年07月03日 (月) | 編集 |
「首のない死体」てのはミステリーでわりとお馴染みだが。

 DSC06070.jpg

頭部のないサラサリンガのご遺体。
マンションの通路に落ちていたので 「踏まれるよー」 と拾い上げたら、頭だけがなかった。

鳥ですかねえ。
鳥って、蛾の頭だけ食べたりするんだろうか。
あんな小さいの、食べた気にならないんじゃないのと思うけど。