俳句的つれづれ日記
2017年05月20日 (土) | 編集 |
石手川沿いに、樗の花が咲きはじめている。
淡い紫がやさしい。 

 DSC05975.jpg

先月句会をご一緒した方が亡くなられたことを聞いた。
ご病気だったらしいけれど、お元気そうで、しゃんとしておられたのに。
本当のことと思えないでいる。

その方はまだ俳句に関しては始められたばかりだった。
句会も数えるほどしか参加されてなかったと思う。
句会を楽しまれたことを心から願う。 
2017年05月20日 (土) | 編集 |
道後公園を通って句会場の店へ。 もう睡蓮が咲き始めていた。
空と池の向こうの木立の緑が水面に映っていたので、なんだか不思議な写真になってしまった。

 DSC05978.jpg

今夜の献立。
  ほれんそう白和え  鰆の白子旨煮   炙り鯛・あおりいか造り   さざえ壷焼き
  鯛かま煮付け (筍・大根・絹さや添え)  小ふぐ唐揚げ  豆ご飯  鱧の吸い物  メロン

DSC05981.jpg 

DSC05983.jpg

全部は食べきれなかった……。
もっと若い頃だったら、平らげていただろうに。

初参加の方が二名。
タイトルの句は、その方たちへのご挨拶句。
お二方とも楽しまれたようで、何より。 今月もよく笑った~~