俳句的つれづれ日記
2017年04月26日 (水) | 編集 |
すぐ近くの古い民家が取り壊された跡地が、2区画に分けて売り出されていた。
うち1区画に家が建ちはじめたが、平屋だったので (老夫婦の終の住まい? それとも一人暮し?) と思いながら見ていた。
でも、なんとなく一般住宅と違う雰囲気――それもそのはず。
ちょっと前に完成したその建物は 「将棋教室」 だったのだ。

新しい土地を購入して、平屋とはいえ新築。
スーパーすぐ近くだし、市内中心地へもそう遠くない。
土地だけでも、そこそこの金額だと思うんですが……将棋教室って儲かるの?
もしかして、土地の所有者さんだったとか?
下世話な感想で申し訳ない。 ちょっとびっくりしたもんで。