俳句的つれづれ日記
今日も快晴!
2017年04月30日 (日) | 編集 |
朝からよく晴れていた。
今日は昼からの出発で、まだ明るいうちに戻ってこられたので、ずいぶん身体が楽。
昨日は睡眠不足だったこともあって、戦中ではうつらうつらする時間が多かったけれど、今日はのんびり吟行気分。

DSC05964.jpg

中島、1泊してのんびり過ごすのもいいかもね――と思ったりした。
なーんにもしないで、海だけ眺めて過ごすの。
あ、本くらいは読んでもいいかな。

 DSC05957.jpg

昨日、姫が浜ビーチに咲いていた花。 何て名前だろう。

快晴
2017年04月29日 (土) | 編集 |
朝、ちょっと曇っていたけれど、中島に着くころにはすっかり晴れて。

 DSC05954.jpg
姫が浜ビーチ。 海も砂浜もきれい。
家族連れで遊びに来るには良いところじゃないかなー

船に乗るのも、そういえば久しぶりかも。
ちょっとした旅気分を味わえた。

 DSC05961.jpg
夕暮の高浜港。

帰宅したら午後8時くらいになっていた。 ふー
明日もまた中島だ。 でも違うビーチ!

潮騒
2017年04月29日 (土) | 編集 |
今日明日は、俳句がらみで松山市沖の中島へ行く。
もうそろそろ出かけなくては。
三津の港からフェリーで1時間余り。 その間に読む本を用意した。

『潮騒』(三島由紀夫・著)
ン10年前に1度読んだきりの一冊だ。
船で読む本としては、悪くないんじゃないかと思ったりするのだが。
明るくて毒がなくて、三島らしからぬ印象の小説だったと記憶している。
読み返すのが、ちょっと楽しみv

これ、今映画化するとしたら、主人公の二人を演じられる俳優・女優さんているのだろうか。
純で汚れてなくて、そして強い人。
現代にはもういないのかもしれない、神話か民話の中のような二人。

杉田選手すごい!
2017年04月28日 (金) | 編集 |
スジモンヒトリ……?

 DSC05945.jpg

さて。
バルセロナ・オープンで、杉田祐一選手(ランキング91位)がベスト8進出!
ガスケ(第9シード、ランキング23位)とP・カレノ=ブスタ(第7シード、ランキング20位)に勝ってのベスト8。
しかもカレノ君はクレーコート得意な選手やし。
がんばったなーー
次はティエム(第4シード、ランキング9位)だからキビシイだろうけど、さらにがんばれがんばれ。

あ、白い
2017年04月27日 (木) | 編集 |
DSC05942.jpg

23日に見たときは、緑色だったのに。
今日、通りかかった時にはすっかり白くなっていた。 初夏へと季節が加速してる感じ。

よく似てるけど、これではない「手鞠花」というのが好き。 でも、あまり見かけない。
実家の庭に植えてあったのに、いつの間にかなくなってしまった。
また植えようかなー

雨の一日
2017年04月26日 (水) | 編集 |
すぐ近くの古い民家が取り壊された跡地が、2区画に分けて売り出されていた。
うち1区画に家が建ちはじめたが、平屋だったので (老夫婦の終の住まい? それとも一人暮し?) と思いながら見ていた。
でも、なんとなく一般住宅と違う雰囲気――それもそのはず。
ちょっと前に完成したその建物は 「将棋教室」 だったのだ。

新しい土地を購入して、平屋とはいえ新築。
スーパーすぐ近くだし、市内中心地へもそう遠くない。
土地だけでも、そこそこの金額だと思うんですが……将棋教室って儲かるの?
もしかして、土地の所有者さんだったとか?
下世話な感想で申し訳ない。 ちょっとびっくりしたもんで。

またダブルス出てほしい
2017年04月25日 (火) | 編集 |
昨日のバルセロナの大会で、元世界一経験者のフェレーロがダブルスに出場していた。
2012年に引退したんだったかな。
その容姿のために、日本女性にはたいそう人気があった選手だ。

引退したシングルスの選手が、こうしてダブルスに出場することはたまにある。
大会運営者としては、集客見込めるし話題になるし、ってところだろうか。
LHも引退した後、ウィンブルドンのダブルスに出た。
また誰かと組んで出場してほしい! ぜひ!

男子のダブルスってスピーディーで好きだ。
シングルスに比べると今ひとつ人気ないけど、生で観戦すると迫力あってホント面白いのに。



初夏のような
2017年04月24日 (月) | 編集 |
 DSC05941.jpg

午後遅くからは曇ってきたけれど、午前中の空はほんとによく晴れて初夏のようだった。
新緑も美しい。
なんだかもう春の句を詠む気分じゃなくなってしまってるのですが……。

ひどすぎる誤審
2017年04月23日 (日) | 編集 |
え、えーと。 ビバーナム・スノーボール?
  DSC05939.jpg

昨夜はたらたらと作業しつつ、ナダルVSゴファンの試合をチラ見していた。
モンテカルロ・ロレックス・マスターズ、準決勝。
途中まで面白い試合だったのに……信じられないような誤審で、一気に白けた試合に。

第1セット、第6ゲーム。 サービスはゴファン側。
ナダルのショットは明らかなアウトで、線審も当然「アウト」の判定。
とーこーろーがー 何故か主審が「イン」と判定。
まともにジャッジしていれば、ゴファンの4-2だったのに、その誤審のために(長い長いゲームだったけど)結局3-3に。
単なる1ポイントじゃなくて、試合の流れを完全に変えてしまう1ポイントだった。

観客は主審に大ブーイング。 
ナダルもちょっとブーイングくらってたけど、別にナダルのせいじゃないから、彼も気の毒やった。
試合後、普通であれば選手は主審と握手するのだけれど、昨日のゴファンは握手しないでコートを去った。
それも仕方ないよ、と思わせるくらいの誤審だったな、昨日のは。
あれが気性の荒い選手(キリオス君とかさ)だったら、あのくらいじゃすまなかったかも。
ゴファン、ほんとに気の毒だった……。 めげずに次がんばってほしい。


問題の場面は2分50秒あたりから。

吾が背子の声のはるけき清和かな
2017年04月22日 (土) | 編集 |
今日の句会、三人以外は皆さんホントの初心者。 句会もまだ三回目。
でも!
前回に比べて、格段にレベルアップしていてびっくり。 いい句がたくさんあった。

皆さん、毎月フラワーアレンジメントを習ってらっしゃるメンバーだ。
ボランティア活動にも熱心だとか。
「何かを学ぼう」という意欲・向上心がベースにある方たちだからこそ、という気がする。 
素敵だ。

DSC05937.jpg

花も風も空も山々の色も、初夏の気配……季節がゆくのが早い。
この間まで寒かったのに。


あなたは誰
2017年04月21日 (金) | 編集 |
これはイチハツ?
 DSC05933.jpg

イチハツとアヤメと杜若と花菖蒲。 いっつも「えーと、これはどれ?」になってしまう。
桜が終わって、花も初夏っぽいのが咲きはじめましたねー いろいろ早い。

ヒキガエルの声
2017年04月20日 (木) | 編集 |
先日の句会の組長曰く 「江戸家小猫さんにヒキガエルの声を教えてもらったんだけど、子犬みたいな声だった」
えーー?と一同びっくり。
てっきり 「ゲコゲコゲコ」系だとばかり思ってました。 あの見た目だし。

でも、ほんと! ものすごく可愛い声ですやん!
         ↓


これならちょっと飼ってみたいかも。
カジカガエルの美しい声も良いけれど、ヒキガエルのキュートな声もいいわ~

もう朝だ
2017年04月19日 (水) | 編集 |
話題のツイッターとやらで 「ウォシュレット」として紹介されている画像があったが、よくよく見るとTOTOじゃなくてLIXILの製品ぽい。
であれば、TOTOの商品名のウォシュレットではなくて「シャワートイレ」と書くべきじゃないだろうか。
もしくは温水洗浄便座。(これならメーカー関係なく使える)
……と、ついツッコミを入れたくなってしまうのが、かつてリフォーム関係の仕事に就いていたもののサガであろうか。

さて。
だらだらだらりと作業していたら、いつの間にか朝になっていた。
いかんなー もっと集中力を養わなくては。

検査日
2017年04月18日 (火) | 編集 |
昨日、某所でいただいた筍が本当に美味しかった!
新鮮だったのだろう、 柔らかくてえぐみが全然なくて。 さくさくといくらでも食べられそうな。
もちろん、とても上手に調理なさってたからなんですけど。

さて。
今日は母の検査日だった。
とりあえず異常無し、経過は良好のようで一安心。

DSC05936.jpg

このあたりでは、桜の季節もほぼ終わり。
気がつけば、ナガミヒナゲシがあちこちで咲きはじめている。 
日差はもう初夏という感じやねぇ。

どっしり
2017年04月17日 (月) | 編集 |
一昨日の句会に行く前に遭遇した、道後の猫。

 DSC05927.jpg

立派なお尻やねえ。
観光客に撫でられても話しかけられても平然と知らんぷり。
大物感ただようお猫さまでありました。

今日はずっと雨、かな。

水は水追い抜いてゆくつくしんぼ
2017年04月16日 (日) | 編集 |
昨夜、お食事句会――に行く少し前。 
雨の夕暮れの道後温泉駅と坊ちゃん列車。 濡れた路面に映る灯がいい感じ。

DSC05925.jpg

昨夜の献立。 春の季語が並んでいる。

 鯛の卵旨煮  わらび田舎煮  桜鯛お造り  鰆西京焼  めばる煮付け・筍・ほうれん草
 山独活と桜海老のかき揚げ   菜飯(大根葉・ちりめん)   すまし汁   柏餅

DSC05929.jpg

DSC05930.jpg

DSC05932.jpg

菜飯、美味しかったな。 お魚もどれも美味しかったけど、量はいつもながら多い……。
年配者が多いので、ひと皿減らしてくれてもよくってよ。

組長に4人目のお孫さん誕生! ということで、お祝い句があいついで登場。
こういうのが句座の楽しいところだと思う。
「俳句は挨拶」なんておっしゃった先人もおられるくらいだし、ね。

今年ラストの花見
2017年04月15日 (土) | 編集 |
昨日、友人たちとの今年ラスト?のお花見。

DSCN9179.jpg
花吹雪がそれはそれは見事だった。 横なぐりの花吹雪。
天気も良くて、まことに麗らか……というより日差しは既に初夏。

DSCN9182.jpg
友人差し入れの和菓子。 
手前ふたつは「しだれ桜」、奥側のは「桜香」という名前がつけられていた。 優雅ぢゃー

DSCN9177.jpg
花と陽気に誘われて、猫もやってきたv

DSCN9183.jpg
苦手な人はごめんなさい。
友人の指にいるのは、いとけない尺取虫(なのか?)。 
これから虫たちも活動し始める季節ですねえ。

花吹雪は最高に素敵だったが、句はまったくできんかった。
今夜の句会の句、どうしましょう。

土筆摘み
2017年04月14日 (金) | 編集 |
一昨日の午後は、母と二人で土筆を摘んだ。
(その後、数倍の時間をかけて土筆のハカマを取った)

 DSC05909.jpg
土筆にしがみついているカエル。 保護色になっているので見づらいけれど。

考えてみれば、やってることは草むしりと似たようなものなのに、土筆摘みだと楽しいのは何故だろう。
もう10年以上、土筆を摘んだことなんてなかったけれど、楽しくて腰が痛くなるまでやめられなかった。
これもある種の「野遊び」だろうか。

庭の片すみに胞子まみれのハカマを放棄したので、ひょっとしたら来年は庭で土筆摘みができ……ないかなあ。
同じように日あたりのいい土手で、ものすごく土筆が生えているところと全く生えていないところがあるのはどうしてだろう。
土の質が違うとか?

今の畑は端境期で収穫できる野菜がない。
昔はこの時期、筍だの蕨だのぜんまいだの土筆だのを食べたのだろう。
土筆摘みの帰り、母が蕗を見つけて 「栽培してるようなのと違って風味があって美味しいんよ」と言いながら採っていた。
そういう山の暮らしも悪くはない、とちょっと思ったりする。

朝もやと桜
2017年04月13日 (木) | 編集 |
さきほど帰宅。 今朝、故郷は朝もやにつつまれていた。

 DSC05912.jpg

 DSC05914.jpg
咲きはじめた桜の向こうの朝もや。 ちょっといい感じ。

 DSC05916.jpg
実家の裏庭の桜もようやく咲き始めたばかり。
杉垣の向こうの桜は川辺に植えられていて、そこはたぶん町だか県だかの土地のはず。
満開になったらばっちり実家の庭から楽しめるv

 DSC05918.jpg
しかし母校(中学校)の桜は満開だった。
母校とはいえ、建て替えられて今風の建物になった校舎には馴染みがない。
あの古い校舎、とりわけ図書館がなつかしい。

あーそういえば、実家へ戻ってくる時、道中けっこう霧が深かった。
バスが近づくと、霧の中から道端の桜がゆっくりと姿を現す。 あれは素敵だった。
今日は今日でよく晴れていて、バスの車窓に満開の桜を眺めながらの1時間足らず、ちょっと小旅行気分で楽しかった。
ま、要するにこの季節はどんな天気だろうと素敵ってことで。

類想類句
2017年04月11日 (火) | 編集 |
組長が類想類句についてブログで書いてらしたけど、あるんだよねえ、ほんと。
意図せず詠んだ類句には、二通りあると思う。

 ・ 自分が詠んだ句に似た先行句が、たまたまあった。
 ・ いつかどこかで読んだフレーズが記憶の底に残っていて、(他人の句とは思わず)うっかりそれを使ってしまった。

「自分で一から考えた」つもりでも、実際には2番目のパターンが多いんじゃないだろうか。
私も経験がある。
(なかなかいい句が詠めた)と満足していたのだけど、しばらくして(あれ? でもどこかで見たような気も……?)
……調べると、やはりそうだった。
手持ちの歳時記に、よく似た句が掲載されていたのだった。
それほど使ってない歳時記だったし、いわゆる「有名句」というのでもなかったので、すっかり忘れていた。
でも、そのフレーズが頭の片隅に残ってたのだろう。 はー


さて、今日は昼過ぎに実家へ帰省。 13日の昼頃に戻ってくる予定。
メール等のお返事は13日の午後以降になります~

花の雨
2017年04月10日 (月) | 編集 |
猫の身体の柔らかいこと。 自在に曲がる。

 DSC05876.jpg

明日はちょっと、母の様子を見がてら実家に帰省する。
13日の昼までには戻るけれど。
実家(のすぐ裏)の桜はまだ2分か3分だろうなあ。 
できれば、もうちょっと咲いていますように~~

勝った!
2017年04月09日 (日) | 編集 |
オーストラリア、準決勝進出決定!
いやー よかったよかった。 これで気持ち良く作業できるってものだ。



21才キリオス君に抱え上げられる36才の監督、LH(笑) なんかかわいい。
LHが選手だった時は、監督「に」抱え上げられていたものだったけど。
LHは身体小さいからなー 逆は無理なのであった。

花の雲
2017年04月08日 (土) | 編集 |
 DSC05886.jpg

ご近所の天山神社の桜。
境内にかぶさるように咲く桜が見事。 満開でした。 
きっと、松山市内のあちこちで見頃を迎えているんでしょうねえ。
明日晴れてたら、お花見行きたいところだけど。

 DSC05891.jpg

そして。 昨日の桜を今日は上から見る。 
天山神社への石段を登りきったあたりからの眺め。 花の雲状態でいい感じ。
     ↓
 DSC05892.jpg



デ杯。 今日のダブルスはオージー負けてしもうた。 フルセットやったけど。
明日、とにかく1勝できれば勝ち抜け。 頑張れ。

そろそろ満開?
2017年04月07日 (金) | 編集 |
  DSC05881.jpg

ご近所の桜。
手前の倉庫だの錆び錆びの看板だのを見ないことにすれば、素敵な日本庭園風v
木にもよるけれど、けっこう満開に近い感じだった。



豪がアメリカに2勝! で勝ち上がりに王手!
アメリカ強いから、まだ分からないけど、明日のダブルスに勝てば決まり。 がんばれ!

Ausie, Ausie, Ausie, Oi, Oi, Oi!
2017年04月06日 (木) | 編集 |
明日からデ杯QFぢゃ。
オーストラリアはアメリカと対戦。 正直、キビシイ。

でも勝機がぜんぜんないわけでもない、と思う。 
日本の片隅からひっそりと 「オジオジオジ オイオイオイ」 (オーストラリアを応援する時の掛け声)
(※ 「伯父伯父伯父 甥甥甥」ではない。Ausie, Ausie, Ausie, Oi, Oi, Oi だ)

 DSC05879.jpg

ヒヤシンスもすっかり満開。
原種のヒヤシンスもこういう花だったのだろうか。
名前のもとになったギリシャ神話のヒュアキントスはくるくる巻き毛の美少年だったのだろうか。

常信寺の桜
2017年04月05日 (水) | 編集 |
 DSC05867.jpg

道後の常信寺の桜。 ソメイヨシノはまだまだ、って感じ。
五分咲きというところだろうか。

 DSC05868.jpg
枝垂れ桜なんて、やっと二、三輪花を開いているだけ。
この花の盛りは来週なかばくらいかも。

 DSC05870.jpg
これは満開だった。 ソメイヨシノより少し花が大ぶりで、でも清楚な印象。

 DSC05872.jpg
これは葉と一緒に花が咲く品種……何だろう。

この他にも山桜やヒガンザクラ、オオシマザクラ系の花など、種類豊富なのがこのお寺の桜。
ソメイヨシノ一辺倒じゃないところが素敵だ。
道後公園みたいに人が多くないしね。
今週末は天気悪そうだけど、この感じなら来週あたまくらいでも充分お花見楽しめそう!
あ、でも静かなお寺だから、行くならホントに「花を楽しむ」ためだけってことで。

句が詠めなーーい
2017年04月04日 (火) | 編集 |
ひっそりと地味にたんぽぽ句会、更新。 もっとちゃんといろいろしたいのだけど、なかなか……申し訳ない限り。

桜の季節になったというのに、句が詠めない。
こういう時は、ひたすら愚直に詠んでゆくしかない。
詠んでいるうちに、うまくスイッチが入ってくれる……こともある。

この週末、ゆっくり桜を見ようと思っていたら、どうも天気が良くなさそう。
明日、夕桜~夜桜でも楽しむか? 
石手川公園、夜桜楽しむ人で賑わっていそうだし。

お花見にゆけず
2017年04月02日 (日) | 編集 |
せっかくのいつき組のお花見の日だったのに、行けなかった。
頭がふわふわして、身体がだるくて、あーこれはちょっとマズイなという状態だった。
この機会じゃないと、滅多にお会いできない方もいたのに……嗚呼

で、今日は午後遅くまで横になっていた。
なんだか久しぶりにうつらうつら過ごしたような気がする。

ヒヤシンスが咲いた
2017年04月01日 (土) | 編集 |
木曜日の朝、まだ蕾でほのかに色がさしていた程度だったヒヤシンス。
昨夜、金曜日の夜になると、こんなになっていた。 咲き始めると早いねえ。

DSC05865.jpg

桜もこんな調子で一気に咲くだろうか。