俳句的つれづれ日記
ぶらんこ
2008年02月16日 (土) | 編集 |
午後、市内の某私立校へ。少年少女達と句会をしてきた。
事前投句、五句出しで内二句は兼題「ぶらんこ」で投句。
楽しかったし、刺激もいろいろいただいてきた。

ぶらんこ、常識的な類想類句が並ぶんじゃないかと予想してたけど (だって「ぶらんこ」ってけっこう難しい兼題だし)、いい意味で裏切られた。
新鮮な発想の句が多くて、でも詠みぶりは素直。選評も(まだたどたどしい時もあるけど)ちゃんと句を読んでいて基本的なことは押さえられてる感じ。
俳句甲子園、期待できそう!

    ぶらんこや思い出せない詩のつづき  S

句会で自分の句を選んでくれると、とってもイイ人に思える。
選評が素敵だったりすると、キラキラと天使の輪っかさえ見えてくる。
でも。「選ばれること」だけが最終目的になってしまうと、きっと句が痩せてくる。
句会は合評が命。そういう意味でも楽しかった。

    週末の約束ひとつヒヤシンス  S

ご挨拶句のつもりで詠んだけど、行ってみると受付のところに本当にヒヤシンスの鉢が置いてあった。
母校でもない高校の教室に入れるなんて、俳句やってるからこそだよなあと思う。
あ、教室吟行?すれば良かった。

         *

さて。昨日はフィギュアの四大陸選手権で高橋選手がぶっちぎりの優勝。
とても(跳ぶ前にコケないでよ~)とはらはら見守っていた、かつての彼と同一人物とは思えない安定っぷり。
人間って成長するもんなんだなあ。しみじみ。

そしてデルレイビーチの大会では、錦織君がATPツアーベスト4
日本男子としては松岡修造以来の快挙ってことで、これまたお見事。
この大会、第3シードの選手でもランキング62位。同じ週に開催されているマルセイユの大会みたいにランキング上位選手が大勢参加している大会だったら、正直、ベスト4に残るのは難しかっただろうなとは思う。
でもポイントはちゃんと稼げる。 こういう運もまた実力の内。 こうなったら優勝しちゃえ!
ランキング100位以内に入ってグランドスラムで活躍する錦織君を見たいよ。