俳句的つれづれ日記

 お椿さん
2018年02月22日 (木) | 編集 |
洗濯機が壊れた。  母の洗濯物がたくさんあるのに。
バスタオルを始めとしてタオルが数枚、パジャマに下着、靴下。
今の病院は昼間はリハビリしやすい普段着に着替えるので、その服も。
ああ、どうしてこのタイミングで壊れるのー また出費がー(泣)

……まあ壊れたもんはしゃーない。
気を取り直して、「伊予路に春を呼ぶ祭」お椿さんへ行ってきた。

 DSC06342.jpg

 DSC06343.jpg

今年の露店の新顔? カクテルバー!
いろんなお酒の瓶が並んでたけど……頼む人いるんだろうか??

あと、今年は「いちご大福」や「わらび餅」などの和菓子を売る露店がちらほら。
こちらはちょっと気になったのだけど(美味しそうやった) お値段高かったのでやめた。
洗濯機壊れたし(欝)

 DSC06345.jpg
毎年買っている椿餅。 煎豆はおまけらしい。 帰宅してみると袋に入れてくれていた。
そして、健康長寿のお守りは母へ。 紅白の椿が可愛い。

 涼しかった
2017年08月13日 (日) | 編集 |
実家はやはり涼しかった。
今朝なんて、むしろ肌寒いくらいだった。
もちろん、日中の日差しはまだまだ強いし、外で何かすると汗だくにはなる。
でも、木陰で涼んでいると風がそれはもう気持ちよくて 「あー このまま時間が止まればいいのに」と思った。

 DSC06142.jpg
オニユリが自生する川辺から実家が見える。

窓開けて風入れながら、そしてミンミンゼミやツクツクボーシの声を聞きながらの昼寝は最高。 
これがまさに「新涼」だなぁと思いつつ、うとうと。
日差しはきつくても、光線が明らかに違う。 どこか陰影が深い、という感じ。

 DSC06132.jpg

 DSC06135.jpg

 DSC06152.jpg

秋の季語となっている花たちも咲いていた。 庭にも、裏の川辺にも。

 DSC06145.jpg

稲の穂がもう重く垂れはじめている。 今年はちょっと早いかも。



涼しすぎて風邪ひいたかもしれない。 
午後から喉がとても痛くなってきた。 のど飴舐めて治ればいいのだが。
体もだるい。 これから作業する予定なのにいー

 雨明るし蛇の若きをかなしめば
2017年07月09日 (日) | 編集 |
実家にちょっと帰省してきた。
お墓参りして、畑の野菜たくさんもらってきた。 (むしろ野菜がメインかも……)

紫陽花がけっこう咲き残っていて、百合やグラジオラスはまだ蕾。
やはり松山より2週間くらいは季節がズレている感じ。

 DSC06079.jpg
庭先にいたカマキリ君。 1時間後に見かけたら……

 DSC06088.jpg
お食事の最中だった。 小さな蝶を召し上がっておられました~。
既に頭はなく、いっしんに腹部にとりかかってらした。

そして、えーと、苦手な人はごめんなさい。
お墓の近くにあった、蛇の抜け殻。 きれいに全部残っていて、ちゃんと眼の部分も分かる!

DSC06083.jpg

持ち帰った野菜は、トマト・胡瓜・茄子・ピーマン・ジャガイモ。 あとお米も少々。
これでしばらく野菜買わなくてもいいわー

 花と緑の島
2017年05月23日 (火) | 編集 |
 DSC06017.jpg

小島を歩いていると、そこかしこに蛇いちごが群生していた。
なんだか久しぶりに見たような……真っ赤な実がきれい。

 DSC06018.jpg

楓のみずみずしい緑が、道へ覆いかぶさるように。 まさに緑のトンネル状態。 
紅葉のころはとても奇麗なのだとか。 

 DSC06019.jpg

夏あざみや花茨、トベラの花……初夏らしさを満喫。
そして、小島には椿がとても多い。 
椿咲く季節に、また訪れたい。

 小島もよかった
2017年05月22日 (月) | 編集 |
魚島から船で小島へ。
途中、観潮船とすれちがって、お互いの船から手を振り合ったりしたv

小島は芸予要塞跡で知られる島。
廃墟マニアの方も、こういうの好きなんじゃなかろうか。
今は草木が生い茂っているだけに、いっそう「もう使われることのない施設である」 ことが強調されているような。

 DSC06008.jpg
『坂の上の雲』で実際に使われた、レプリカの28センチ榴弾砲。

 DSC06011.jpg 発電所跡

 DSC06015.jpg 弾薬庫跡?

 DSC06023.jpg 中部砲台跡周辺

 DSC06021.jpg
道の途中、木立の間から海と大橋が見える。 きれい!

 DSC06026.jpg
指令塔跡地。 ここは島のてっぺんなのだろうか。
見晴らしはすこぶる良くて爽快。 ただし、ここまでの急な石段はキツかった。

 DSC06028.jpg
えーと 地下兵舎跡……?
このあたりになると、もう歩き疲れてぐったり。 記憶も曖昧なのであった。

 DSC06029.jpg

芸予要塞跡を見てまわった後は、海岸沿いの道を辿って港へ戻る。
いろいろな花や虫に、いちいち立ち止まってしまう私たち。
ツアーの他の参加者の皆さんはさくさく歩いてゆかれるのだが……。

 DSC06034.jpg
これは波止浜港。
小さな港だけれど、造船所があるので、巨大タンカー等がずらり。

今回のツアー費は3500円。
松山~波止浜のJR往復運賃、波止浜港~馬島~小島~波止浜港の船賃、昼食(弁当)代、傷害保険。
そして、小島から波止浜港に戻ったときに添乗員さんから 「これから駅までの道の途中にあるコンビニで、200円くらいまでの好きなおやつ買っていいですよ~」 と嬉しいお言葉v……というわけで、おやつ代も込みv

お手頃な費用で、内容はけっこう濃かった。
次回は秋の桂川渓谷散策ツアーあたりに参加したい……!

しかし。
今日は身体がとても重い。 
日頃の運動不足を痛感しているのであった。 はうー