FC2ブログ
俳句的つれづれ日記
ねこの京都
2019年08月17日 (土) | 編集 |
岩合光昭さんの写真展 『ねこの京都』 に母を連れていった。
ほんのすぐそこで俳句甲子園予選リーグが行われていたけれど、この暑さでは母を連れ回すのは無理。

「京都の猫」ではなくて、「ねこの京都」 てのがミソ。
猫からの視線の京都の四季が美しい。
とりわけ、深紅の紅葉にたたずむ黒猫が最高に素敵だった。

いわゆる観光名所的な場所だけではなく、田んぼの広がる田舎の景色や、京大の吉田寮なども!
(吉田寮の写真、最初は廃墟かと思ってしまいました、ごめんなさい)
母も興味を惹かれたようで、写真に手を伸ばして見入っていた。
個人的には、岩合さんの写真展で一番好きかも。

  IMG_20190817_121244.jpg

左のはチケットなどを収納できるマルチホルダー、真ん中が写真集、右はタオルハンカチ。
写真集とハンカチは母用。
ほんとはもっといろいろグッズを物色したかったけれど、時間が……。
母も疲れてきて身体が傾いてきていたし。
(疲れると姿勢をまっすぐに保つことができなくなる)

写真展は楽しかった。
が、三越松山店、車椅子にはちょっと入りづらい。
外の道路と段差があって、車椅子が通れるスロープへは、ぐる~っと裏に回らなくてはならない。

入口は重い硝子扉で、手を離すと閉まってしまう。
開けた扉を片手で押さえながら、片手で車椅子を引っ張る。
これがなかなか大変。
帰りは、たまたま通りがかった他のお客さんが開けてくれて助かったけど。

改装はされていても建物自体は古いから、バリアフリーはあまり考えられてないのだろう。
でもでも、自動ドアはつけて欲しい。
……閉店の噂も出るくらいだから、そんなリフォームどころじゃないのかな。
千年ものがたり 2
2019年07月30日 (火) | 編集 |
千年ものがたりは1号車から3号車まである。

 DSCN9341_201907291917204f8.jpg

 DSCN9344_201907291917226cb.jpg

 DSCN9340.jpg

私が乗車したのは、三枚目の写真の2号車。
1号車、3号車は4人掛けや2人掛けの座席なのだけど、2号車はちょっと違う。
窓に向かって長いテーブルとソファーが置かれている。
ゆったりしたレイアウトだ。

 DSCN9339.jpg
これ天井。
なんと鏡張りになっている。
一昔前のラブホ……いえ何でもないです。

 DSCN9346.jpg

 DSCN9351.jpg

大歩危小歩危や吉野川を眼下に、主に山間部を走る。

 DSCN9353.jpg

沿線の方が手を振ってくれるのは、伊予灘ものがたりと一緒。
田んぼにこんな大勢の人が……と思いきや、実は本物の人間は中央の道路にいる3人だけ。
案山子たちも手を振ってくれているのでした。

DSCN9354_20190729191941d8c.jpg

 DSCN9357.jpg

徒歩か列車でないと行けない、秘境の駅。(坪尻駅)
四国で2箇所しかない、スイッチバック式の駅。
秘境の駅として、マニアに人気らしい。

ここはいい感じでしたよ。
できれば、もっと長い時間停車してほしかった。 (停車時間7分)

 DSCN9359_20190729191942e8d.jpg

列車からしか見られない滝も。
じっくり見えるように、ゆっくり走ってくれます。

 DSCN9361.jpg

讃岐財田駅そばには、樹齢700年を超える「タブノキ」が。
ここも7分の停車なので、走って見に行って走って戾る感じ。
もうちょっと、ゆっくりしたいよね。

 IMG_20190728_163512.jpg

琴平駅の専用待合室には、黄金の畳が!
金運アップのため(笑)、とりあえず座ってきた。
琴平だけは、19分と長めの停車。 (フェアウェルサービスがあるため)

千年ものがたりでは、5つの駅で降車できる。
それはありがたいのだけど、とにかく時間が短いので、慌ただしい。
全行程3時間なのだけど、できれば4時間くらいかけてほしいところ……。
1日1往復という条件からすると、それは難しいのは分かっているけれど。

そんなこんな含め、個人的には伊予灘ものがたりの方が(どちらかといえば)好きかなー。
でも楽しかった。
機会があれば、また乗車したい!

11月の紅葉のころが、一番人気なのだとか。
なるほど、秘境駅のあたりの紅葉はいい感じだろうと思う。
これから乗車を予定している方は、紅葉シーズンを狙ってみてはいかがでしょ。
千年ものがたり 1
2019年07月29日 (月) | 編集 |
千年ものがたりの乗車区間は、大歩危駅~多度津駅。
下りが「そらの郷(さと)紀行」
上りが「しあわせの郷紀行」
私が乗車したのは、大歩危→多度津の「しあわせの郷紀行」
    ↓
https://www.jr-shikoku.co.jp/sennenmonogatari/index.html

何と言っても楽しみな食事
しあわせの郷紀行では 「おとなの遊山箱」 という三段の重箱入りの食事が提供される。

  IMG_20190728_141132.jpg お品書き

 IMG_20190728_145534.jpg 重箱といっても、わりとミニサイズ。

  IMG_20190728_145457.jpg 
でも!
これ見たら、テンションあがる!
手の込んだお料理がぎっしり。 大満足です。
食事なしでも乗車はできるけれど、これはお勧め。

  IMG_20190728_154544.jpg 食後のコーヒーとお菓子。

  IMG_20190728_154742.jpg
可愛い箱に入っているのは、こんな和菓子。

私はもうこれで充分だったのですが、周囲を見ると、皆さんアルコールを注文なさってました。
(※ お茶以外の飲み物は乗車してからの注文)
飲める人なら、これは楽しいかもねえ。

琴平駅には専用待合室もあります。
食事付きで乗車した人には、ここでさらに蜜柑シャーベットのサービスまでありました。
美味しかったv

ひとつだけ残念なこと。
発車が2時過ぎで、この食事が提供されるのが2時半頃。
お昼としては、ちょっと微妙な時間帯。
朝早く家を出ているし、けっこうお腹は空きます。
皆さん、金毘羅でうどんなど召し上がったりしてたようですが……。



デミノー君、1月のシドニーに続いて、キャリア二つ目のタイトル獲得!
怪我で半年近くくすぶっていたけど、ようやく復調してきた感じ。
全米がんばってほしいなぁ・
丸亀~琴平
2019年07月28日 (日) | 編集 |
今日のツアー。
ずっと列車に乗っているわけではなくて、基本はバスツアー。
その中に、千年ものがたり乗車の時間が組み込まれている、という感じ。

バスがまず向かったのは、丸亀の「うちわの港ミュージアム」ってところ。
ここで「うちわ作り体験」(と買い物)
日本のうちわの9割くらいは丸亀で作られているのだとか。

うちわ作りといっても、もちろん一から作るわけではない。
あらかじめ作られている骨組みに好みの紙を張って、周囲の形を整えるといった程度。
でも、ちょっとわくわくする。

 DSCN9328.jpg
紙を張った後、乾かしているところ。

 IMG_20190728_103922.jpg
柄は20種類?くらいから好きなのを選べます。
私が選んだのは、夏らしい向日葵柄。

  DSCN9323.jpg
インテリアにもうちわの骨組みが使われている!(これは天井)

  DSCN9326.jpg

  DSCN9327.jpg

楳図かずおさんが、うちわに直接絵を描いた……と思われるものも展示されてましたよ!
なんか、ひっそり目立たないところだったけど。
もっと、バーンと展示すればいいのにー

うちわ作りは楽しかったけれど、団体向きではないかな。
一度に大勢がやれないから、どうしても待ち時間ができてしまう。
家族や友人同士、少人数なら、休憩がてら、ちょうどいい感じ。

DSCN9329.jpg

その後、丸亀から琴平へ移動。
琴平といえば金毘羅さん。
さすがにこの暑さの中で金毘羅さんの石段を登る体力はない。
というか、ここでは1時間の自由時間しかなかったので、上まで行って戻ってくるのは、ちょっと厳しい。
門前町を自由散策。

IMG_20190728_120053.jpg
金毘羅といえば灸まん?
というわけで、灸まん本舗で一休み。
わらびもちとお茶のセットに、灸まんが一個ついてくる。
疲れた時には、やっぱり甘いもの。

その後、やっと今日のお目当て、千年ものがたり乗車へ!
……なのだけど、とにかく今日は蒸し暑くて、もうダウン寸前。
今夜は早寝します。



あ、今朝出発前に、デミノー君が1月のシドニー以来の決勝進出を決めたのを確認した。
決勝戦は日本時刻の明日早朝。
キャリア二つ目のタイトル獲得に向けて、がんばれ!
ビヤガーデン
2019年07月15日 (月) | 編集 |
今日は海の日だけど、出勤してお仕事。
その後、ビヤガーデンへ。
久しぶりだったなー ビヤガーデン!

前売り3,800円。
アルコールはまったく駄目なので、食べるしかないのだが……。
ビヤガーデンで3,800円分食べるのって、難しい。
みんなでわいわい楽しむことがメインなので、それはそれで良いのだけれど。

5時半という早い開始だったので、まだ周囲は明るく。
かつ他のお客さんは殆どおらず。
わりといい感じだった――うん、こういうのも有りだな。



16才の望月慎太郎選手が、ウィンブルドンジュニア優勝。
すばらしい。

惜しむらくは身長。
今175cmらしいけれど、この身長では世界のトップで戦うのは(もちろん不可能ではないが)かなり厳しい。
せめて180cmくらいまで身長伸びたらいいねえ。
人気blogランキングへ