俳句的つれづれ日記
着ぐるみピース
2017年06月26日 (月) | 編集 |
近所のコンビニに宅配便を持っていったら、なぜか「とべ動物園グッズ」のコーナーが出来ていた。
白くまピースが、みきゃんの着ぐるみを着ているマスコットとか。
(こういうの) 動物園の近くのコンビニなら分かるけど、いったい何故……。
   ↓
http://tobezoo.ocnk.net/product/121

着ぐるみピース、かわいいけど着せ替えができるわけではないのが残念。
どうせなら、いろんな着ぐるみを着せ替えられるようにしたら、もっと可愛いのに。



湿疹はとりあえず治りつつある。
でも、まだ見た目けっこうひどくて。
特に首すじがすごくて 「私、虐待受けてるんです!」と訴えたら信用されるかもしれないレベル。
しばらくは着るものを考えないと、あらぬ誤解を受けそう。

ひどい日焼の跡みたいに、皮膚の表面が乾いて剥げてきたりしている。
いやー ほんと、これ原因は何だったんだろう。

不覚にも
2017年06月24日 (土) | 編集 |
午後、句会。
……のはずだったのだが、休んでしまった。
昨夜から、眠いのに眠れなくて完全に睡眠不足。 頭ふらふらくらくら。
ここ数日、慢性的な寝不足状態だったから、身体が「動きたくない」と訴えている感じ。
謎のかぶれだか湿疹だかも、この体調不良が一因だったかもしれない。

 DSC06061.jpg

湿疹は、どうやら回復傾向。
直径1センチ弱の円状だったのが、点といえるくらいになってきている。
しかし、その円がみっちりくっつきあって一つの島になっている箇所は、皮膚がすごく敏感になっているようで、何かが触れるとぴりぴり。
今は使い込んでくたくたになった手ぬぐいを首に巻いている。(手ぬぐい便利)

皮膚科は近くにないし、それ以前に身体がだるいので行く元気もない。
昨日、近くの薬局に行って薬を買おうと相談。
すると「首は敏感なところなので、下手に市販の薬を塗らないほうがいいですよ」と言われた。
治りかけてるようだし、やっぱりこのまま様子見だ。

謎のかぶれ
2017年06月23日 (金) | 編集 |
昨夜はコッキナキス君もトンプソン君も負けてしまった。
んー まあウィンブルドンでがんばってくれたらええわ。

DSC06059.jpg

首すじのかぶれ、何だか軽い火傷みたいになってる。 
痒くはないが、場合によってはひりひりする。(だから、ぬるいシャワーで我慢)
しかし本当に原因が分からない。
強い紫外線をずっと浴びたらこうなると思うのだが、そんな怖しい事をした覚えないし。
虫に刺されたとかなら、たぶん痒みがあるだろうし。
謎だー

がんばれオージー
2017年06月22日 (木) | 編集 |
昨日いや既に一昨日。
豪の若手、コッキナキス君がラオニッチ(ランキング6位)に勝った。
コッキナキス君、怪我で1年以上実戦から離れてて、こないだ復帰したばかりやけど、がんばってるなあ。
もともと期待の若手で才能あるって言われてた選手だし、順調に伸びてってほしい。

……と、嬉しくなっていたら、ななななんと。
ランキング1位のマレーに、やはり豪の若手のトンプソン君が勝ってしまった。
どうしたオージー、がんばれオージー!、オジオジオジオイオイオイ!

ま、ウィンブルドンではそうそう勝てないでしょうけど。



それはそれとして。
朝、何気なく鏡を見て 「ぎゃー 何これっ!」
首の左側から肩にかけて、真っ赤になっていた。 湿疹?
ほとんど痒みはないし、ひどく腫れ上がっているというほどでもない。
でも、明らかに 「何かにかぶれた」という感じ。

何年か前に、やっぱり首が真っ赤になった時に病院いったけど、その場では原因が分からなかった。
お医者さまに 「柔軟剤かもしれませんねえ」と言われたので、以後は使わないようにしたら数日で治った。
だから、あの時の湿疹の原因はたぶん柔軟剤だったのだろう。

でも、今はまったく柔軟剤は使っていない。
うーん?
のどの調子が悪いので、昨夜はガーゼのタオルを首に巻く―ーというよりはふんわりまとう感じで使ったのだが、あれが原因だろうか。
それとも昨夜はなんとなく寝そびれて睡眠時間が2時間くらいだったせいだろうか。
それともストレス~~? (無い無い)

夕方くらいには少し薄くなっていたし、とりあえず痒みはないので様子見ぢゃ。

つかれたー
2017年06月18日 (日) | 編集 |
母に頼まれた用事をすませるために外出。
その後で俳句甲子園の地方大会・松山会場へ行こうかと思っていたのだが……

思ったよりも時間かかった上に、暑くてへろへろ。
結局、松山会場へは行けなかった。
どこが勝ち残ったんやろ。
全国大会出場校発表は20日、気になる!

DSC06057.jpg

昼間咲いていたから、これはキカラスウりだろう。
いつ見ても不思議な、でも綺麗な花びら。