俳句的つれづれ日記
2017年05月20日 (土) | 編集 |
石手川沿いに、樗の花が咲きはじめている。
淡い紫がやさしい。 

 DSC05975.jpg

先月句会をご一緒した方が亡くなられたことを聞いた。
ご病気だったらしいけれど、お元気そうで、しゃんとしておられたのに。
本当のことと思えないでいる。

その方はまだ俳句に関しては始められたばかりだった。
句会も数えるほどしか参加されてなかったと思う。
句会を楽しまれたことを心から願う。 
2017年05月19日 (金) | 編集 |
金田法相が発言した <共謀罪で摘発される参考事例>

「花見であればビールや弁当を持っているのに対し、(犯罪行為の)下見であれば地図や双眼鏡、メモ帳などを持っているという外形的事情がありうる」

既にネット上でツッコミが入りまくってるらしいけど。
いや~~ ほんとにこんなんで摘発されたりするんだろうか。
俳人なんて、しょっちゅう句帖持ち歩いてメモしまくってるのに。

……まあ一般の人から見たら、ちょっと怪しく思われることが無いとは言えない。
実際、句帖にいろいろ書き留めていたら 「何の調査ですか?」 と聞かれたこともある。
俳句の盛んな松山でさえこうなんだから、他の県だったら、なおさら怪しまれそうではある……。

胸に 「俳人バッジ」 でもつけますかね~
2017年05月17日 (水) | 編集 |
まさか、日本のテニス選手の中から八百長で永久追放される人が現れるなんて、思いもよらなかった。

下部ツアーを転戦する選手は、いろいろな面で相当にきついだろうことは想像できる。
ほとんどの選手はろくにスポンサーもついておらず、経費はおおよそ自腹だろう。
ホテルや交通機関の手配、練習用コートの手配などなど、すべて自分がやらなくちゃならない。
野球やサッカーのようにチームがサポートしてくれるわけじゃない。
……そこをつけ込まれたんだろう。

だからと言って、八百長はダメだ。
私だって、ど・ビンボーだけど、さすがに法律に触れることはやらないよ。
永久追放も仕方ない。 
本当に馬鹿なことやっちゃったなあ。 残念だ。
2017年05月16日 (火) | 編集 |
昨日、マイナンバーカードの申請をした。
これまでは身分証代わりに「住基カード」を使っていたのだが、気がついたら期限が過ぎていたのだ。
それなら、もうマイナンバーカード作っちゃおうか、という感じ。

証明写真機からの申請がお手軽そうだったので、それを利用。

 ① 交付申請書に印字されているQRコードをバーコードリーダーにかざす
 ② 撮影
 ③ 撮影された写真の位置を調整し、画面確認の上、申請
 ④ 申請確認プリントを受け取り完了

QRコードがすんなり読み取れなくて、2回ほどやり直し。
あとはスムーズ。 いたって簡単。
料金は800円でした。

でも申請してから受け取りまで、1ヶ月くらいかかるらしい。
しかも、「交付通知書」を郵送されてから、市役所に受け取りにゆかねばならないから、実際に手にするのはもっと先やね。
2017年05月15日 (月) | 編集 |
今日は日本中の花屋さんが 「やっと母の日が終わった~~」 とぐったりなさっているのでは……。
お疲れ様でした。



さて。
今日、初めて知った。 「蛙は脱皮する」という事実!

蛙は皮膚呼吸しているけれど、皮膚が角質化してくると酸素を通しづらくなるので脱皮するんだとか。
でも、その皮を食べちゃうので、あまり人の目に触れないらしい。
ほえ~

Aさんが見つけてくれたサイトが楽しかった。
人さまのサイトなので勝手に紹介するのは控えるけれど 「蛙 脱皮 猫」 で検索したら出てきますv

なぜ猫かって?
蛙が脱皮を初めて終了するまでの姿が猫にたとえられているから。
最初、「猫が怒っているポーズ」から始まって、女豹のポーズだの、猫が箱のティッシュをくわえて引き出すポーズだの、毛玉を吐くポーズだのを経て、最後は 「猫が顔を洗うポーズ」 で終了!
言われてみれば、猫っぽい……かも?